コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斧鉞/鈇鉞 フエツ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐えつ〔‐ヱツ〕【××鉞/××鉞】

おのと、まさかり。
文章に手を入れて直すこと。添削。「―を加える」
1が、軍中での極刑の具であったところから》重い刑罰。重刑。「―の誅(ちゅう)」
昔、中国の刑具君主が出征する将軍統率しるしとして渡したもの。転じて、兵器、また征伐をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の斧鉞/鈇鉞の言及

【旗】より

… ところで陣容の整い秩序だった軍隊を表現して〈正々の旗,堂々の陣〉といい,また《孫臏(そんぴん)兵法》が,軍陣の威武を示すものは旌旗と武器であるというように,旗による秩序づけ,意志結集,作戦伝達の信号の機能が端的に作用したのは,戦争においてであった。《淮南子(えなんじ)》兵略訓によれば,戦争が起こると,国君は将軍を召して君命を与え,出陣の儀式をとり行って旗鼓と斧鉞(ふえつ)を授ける。将軍は戦車に旌旗と斧鉞をたて出陣する。…

※「斧鉞/鈇鉞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

斧鉞/鈇鉞の関連キーワード不・付・俘・俯・傅・埠・夫・婦・孵・富・巫・布・府・怖・扶・敷・斧・普・浮・父・符・腐・腑・膚・訃・譜・負・賦・赴・附・風斧鉞・鈇鉞王(おう)まさかりちゅう戚揚添削極刑重刑

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android