コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断熱煉瓦 だんねつれんが heat insulating brick

3件 の用語解説(断熱煉瓦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断熱煉瓦
だんねつれんが
heat insulating brick

各種窯炉,煙突,ボイラーなどの内面の耐火煉瓦の外側に積んで,炉壁からの熱の放散を防止するために使用する煉瓦。材質はケイ藻土が用いられ 700~800℃に焼成されたもの,またケイ藻土に木節粘土を加えて 900~1300℃に焼成したものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

断熱煉瓦【だんねつれんが】

断熱性にすぐれた煉瓦。窯炉の炉壁からの熱放散や炉壁の蓄熱量を軽減するために耐火煉瓦の外側に使用される。低温用(900〜1200℃)にはケイ藻土質,高温用(1300〜1500℃)には耐火粘土アルミナ質がおもに用いられる。
→関連項目煉瓦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だんねつれんが【断熱煉瓦 insulating brick】

断熱性の優れた煉瓦をいう。各種窯炉に使用される耐火煉瓦は耐熱性を有するが,熱伝導率が大きく,したがって熱損失が大きい。そこで,耐火煉瓦の外側に断熱煉瓦を使用して,熱エネルギーの放散を減少させる。断熱性は一般の材料では密閉された空気が最もよいので,小さい気孔の多い煉瓦が断熱性に優れている。したがって,煉瓦のかさ比重によって断熱性の良否をほぼ知ることができる。ただし,この気孔が連結していたり,外部に通じていては空気の流通によって断熱性が悪化するので,密閉した気孔でなければならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

断熱煉瓦の関連キーワードガラスブロック耐火煉瓦熱風炉煉瓦空洞煉瓦煉瓦造り内断熱テラコッタ煉瓦不定形耐火物耐火断熱材

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

断熱煉瓦の関連情報