中華思想(読み)ちゅうかしそう

日本大百科全書(ニッポニカ)「中華思想」の解説

中華思想
ちゅうかしそう

一般的に、自己の文化が最高で天下の中心に位置するとみて、それと異なる周辺の文化を蔑視(べっし)する考え方をいう。こういう思想がとくに根強く存在したのは、東アジアでは中国であり、「中華」の周辺に「夷狄(いてき)」を配するところから「華夷思想」とよぶこともある。この思想は、もともと儒教の王道政治理論の一部として形成された。儒教は天子(王者)がその徳によって民をあまねく教化することを理想とするから、王者の住む中華の土地はむろんのこと、辺境や塞外(さいがい)も「王化」が及ぶはずの地域であり、たとえ現在は夷狄であっても、将来いつの日にか中華の文化に同化する可能性があることになる。

 こういう王者の徳を基準にした文化的な同化思想が中国で形成されたのは、戦国時代(前5~前3世紀)から秦(しん)・漢時代にかけてのことであった。それ以前の春秋時代(前8~前5世紀)ごろまでは、戎(じゅう)、狄、蛮(ばん)、夷の異種族は中華の諸侯から政治的に排除されるだけであった。ところが「戦国の七雄」とよばれるような、比較的広い領域を支配する国家が出現するようになると、それまで戎、狄、蛮、夷として排除されていた異種族もその郡県制領域支配のなかに取り込まれ、「王者」の徳が及べば中華に上昇する可能性があるとみなされるようになった。中華思想が、異なった種族の文化の存在を認めるのは、彼らの文化の独自の価値を認めるからではなくて、あくまで中華文化に同化する可能性をもつ限りにおいてである。したがって外国からくる使節も、中華を慕って「朝貢」したという形をとることによって、わずかに受け入れられた。

 中華思想は、自己を天下で唯一の最高の中心と考えるから、隣接する対等の国の存在を認めない。ここまでが中国だと自らを限定する国境や領土の観念をもつことは、「王化」の拡大する可能性を否定することになるからである。しかし、そうした国境や領土に関する観念のあいまいさが、近代以降になり、列強による中国領土・利権の分割を容易にさせたことは否定できない。

[小倉芳彦]

『小倉芳彦著『中国古代政治思想研究』(1970・青木書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「中華思想」の解説

ちゅうか‐しそう チュウクヮシサウ【中華思想】

〘名〙 漢民族を誇り、中国が世界の中心であり、その文化・思想がもっとも価値あるものであると自負する考え方。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「中華思想」の解説

中華思想
ちゅうかしそう
Zhong-hua si-xiang

中国が世界の文化,政治中心であり,他に優越しているという意識,思想中国では伝統的に漢民族の居住する黄河中下流を中原と称し,異民族を夷狄 (いてき) ,あるいは蛮夷と呼んできた。異民族は東夷西戎南蛮北狄に分けられ,この四夷を,中華がその化によって包摂しようというのである。この思想は古く周代に始り,以後近代まで連綿として引継がれ,中国人独特の世界観を形成してその歴史や文化に多大な影響を与えてきた。民族の優位が確保されている限りにおいては寛容で開放的な博愛主義となって現れるが,ひとたび優位が否定された場合には,きわめて偏狭な保守排外主義の傾向が示される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「中華思想」の解説

中華思想
ちゅうかしそう

漢民族が古来もち続けてきた中国中心の優越思想。華夷 (かい) 思想ともいう
漢民族が黄河中流に文明をおこして以来,つねに周辺諸民族に対して文化的先進民族として優越した地位を保持していたので,みずからを中華と美称し,周辺の異民族を夷 (いてき) ・東夷 (とうい) ・南蛮 (なんばん) ・西 (せいじゆう) ・北狄 (ほくてき) と呼んで卑しんだ。異民族はすべて中国の天子の徳に感化されて臣下となるべきものと考え,他の諸国に対等の交際も許さず(朝貢 (ちようこう) 貿易),国境の存在すら認めなかった。しかし,この思想は,清末期に西洋諸国が進出してきたことにより,打ち破られた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

百科事典マイペディア「中華思想」の解説

中華思想【ちゅうかしそう】

漢民族が古くからもち続けた自民族中心の思想。異民族を卑しむ立場からは〈華夷(かい)思想〉とも。初めは周辺の遊牧文化に対し,自己の農耕文化の優越を示したが,春秋戦国時代以後は礼教文化による,天子を頂点とする国家体制を最上のものと考え,夷は道からはずれた禽獣(きんじゅう)に等しいものとして,異民族を東夷・西戎・南蛮・北狄などと呼んだ。基本的にこの思想は現代まで続いている。一般的用法としては自民族中心主義エスノセントリズム)の代詞。
→関連項目夷狄漢民族冊封体制中国朝貢貿易南蛮船

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「中華思想」の解説

ちゅうか‐しそう〔チユウクワシサウ〕【中華思想】

儒教的な王道政治理想を実現した漢民族を誇り、中国が世界の中心であり、その文化・思想が最も価値のあるものであると自負する考え方。中国史における外国からの政治的危機に際して、しばしば熾烈(しれつ)な排外思想として表面化した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「中華思想」の解説

ちゅうかしそう【中華思想 Zhōng huá sī xiǎng】

中国人が古くから持ち続けてきた民族的自負の思想。黄河の中流域で農耕を営んでいた漢民族は,その文化が発達した西周ごろから,四隣の遊牧的な異民族に対して,しだいに優越意識をいだくようになった。それが,戦国時代から・漢にかけて統一国家へと向かう時期に,思想の次元にまで定式化され,中華思想とよばれる。みずからを夏,華夏,中華,中国と美称し,文化程度の低い辺境民族を夷狄(いてき)戎蛮とさげすみ,その対比を強調するので,華夷思想ともよばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android