コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新庄嘉章 しんじょう よしあきら

2件 の用語解説(新庄嘉章の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新庄嘉章 しんじょう-よしあきら

1904-1997 昭和-平成時代のフランス文学者。
明治37年11月10日生まれ。昭和24年から50年まで早大教授。ジッド「狭き門」,ロマン=ロランジャン・クリストフ」の翻訳で知られる。59年「天国と地獄の結婚―ジッドとマドレーヌ」で平林たい子文学賞,平成2年ジッドの翻訳と研究で芸術院恩賜賞。芸術院会員。平成9年8月26日死去。92歳。山口県出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新庄嘉章
しんじょうよしあきら
(1904―1997)

フランス文学者。広島市生まれ。広島陸軍幼年学校を中退し、岩国中学校を経て、早稲田(わせだ)大学仏文科卒業。在学中ロマン・ロランを耽読(たんどく)したことが、のちに『ジャン・クリストフ』(1956~59)を訳す機縁となった。処女出版のジッド『女の学校・ロベエル』(1933)の訳を志賀直哉(なおや)に認められ、以後『ジイドの日記』全5巻(1950~52)をはじめ多くのジッド作品を訳した。ほかにコンスタン、ラクロ、スタンダール、モーパッサン、マルロー、モンテルランなどを訳し、正確で篤実な気品ある訳文で知られる。1975年早大文学部教授を退職、同大学名誉教授。芸術院会員。第七次『早稲田文学』発行人。著書に、ジッドと妻マドレーヌとの不幸な結婚生活を描いた『天国と地獄の結婚』(1983)などがある。[平岡篤頼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新庄嘉章の関連キーワード朝倉季雄朝吹三吉大橋保夫菅野昭正田村一男中平解福井芳男門田実若林真

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新庄嘉章の関連情報