コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新番 しんばん

4件 の用語解説(新番の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新番
しんばん

江戸幕府の職名。当初,近習番ともいい,寛永 20 (1643) 年に設置され,将軍の警護を職掌とした。慶応2 (1866) 年廃絶。 (→番方 )

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんばん【新番】

江戸幕府番方(番方・役方)の職制。1643年(寛永20)創置。五番方の一つ。当初は近習番と称したともいう。土圭間番(とけいのまばん)も別称というが,本来別個のものといえようか。《落穂集》の記事によると,大奥の女中の願いにより,その縁者が召し出されて,新たにつくられたものという。しかし,この説は後年のいくつかの事例に基づいたものと推測され,実際には大番,小十人の両組から選抜された組衆によって成立したものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新番の関連情報