新重商主義(読み)しんじゅうしょうしゅぎ(英語表記)new mercantilism

  • しんじゅうしょうしゅぎ ‥ヂュウシャウシュギ
  • しんじゅうしょうしゅぎ〔ヂユウシヤウシユギ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

(1) 1930年代の世界恐慌を起因とする保護主義,近隣窮乏化政策と,(2) 第2次世界大戦後のアメリカを中心とするグローバリズムが後退し,各国間の通貨通商をめぐる経済的摩擦が表面化してきた 70年代の経済ナショナリズム台頭とをさす。 (旧) 重商主義貴金属蓄積国富の基本とし,国家権力による産業保護,輸入抑制・輸出促進策をとったのに対し,新重商主義は経済成長鈍化,失業インフレーション,国際収支赤字を解消するために自由貿易主義を放棄し,保護貿易主義をとる経済ナショナリズムの動きである。なお新重商主義という言葉は,1965年に「新しい重商主義」 The New Mercantilismと題して行なった J.V.ロビンソンのケンブリッジ大学教授就任講演に由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

neo-mercantilism》18世紀末以降、フランス・アメリカ・ドイツなどが採った保護貿易政策。
new mercantilism》第二次大戦後、先進諸国が経済ナショナリズム傾向をもち、貿易収支黒字にしようとこぞって努めてきた政策重商主義に似ていることから、J=ロビンソンによって名づけられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (neomercantilism の訳語) 一九世紀末に現われた保護貿易などの国家の経済干渉政策で、現象的に重商主義と類似しているところから呼ぶ語。重商主義が原始的蓄積政策であったのに対し、独占資本の政策である点で基本的性格が異なる。また、第二次世界大戦後、先進工業諸国がとった経済成長政策をさすこともある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android