コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龔自珍 きょうじちんGong Zi-zhen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

龔自珍
きょうじちん
Gong Zi-zhen

[生]乾隆57(1792)
[没]道光21(1841)
中国,清の文学者,学者。浙江省仁和の人。字はしつ人 (しつじん) 。号は定庵 (ていあん) 。外祖父段玉裁の教えを受けて若年から文才を示し,劉逢禄に学んで公羊学を修め同門の魏源とともに「龔魏」と呼ばれた。嘉慶 23 (1818) 年挙人に及第,国史館校対官として『大清一統志』などの編纂にあたった。道光9 (29) 年進士に及第。宗人府主事,礼部主事となり,同 19年辞任,帰郷して翌々年没した。アヘン戦争,太平天国の乱前夜の危機を鋭く感じとった憂悶の詩詞文を残し,清末思想家に大きな影響を与えた。詩文集『定庵文集』『続集』『文集補』のほか『公羊決事比』『泰誓答問』などの著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐じちん【龔自珍】

[1792~1841]中国、清の学者。仁和浙江(せっこう)省)の人。字(あざな)は璱人(しつじん)。号は定盦(ていあん)。訓詁(くんこ)・音韻・文字学・蒙古語梵語を研究。また、公羊(くよう)学を学んで空想的社会主義の傾向を示した。著「定盦文集」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きょうじちん【龔自珍 Gòng Zì zhēn】

1792‐1841
中国,清代の学者,詩人。字は璱人(しつじん),定盦(ていあん)と号し,浙江省杭州の人。父祖2代にわたる官僚家庭に生まれ,また清朝有数の言語学者段玉裁を祖父にもつ。幼少より異常な神経をそなえた多感の才子で,時代の落莫をいち早く察知して憂悶し,ことに劉逢禄に師事して公羊学に傾倒すると,革新への情熱をたぎらせた。しかし,中央政府の校書官としてスタートした官途は挫折しがちで,38歳にしてようやく進士に及第,仏教信仰の影響もあって隠棲を志し,48歳で引退帰郷した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうじちん【龔自珍】

1792~1841) 中国、清末の文人・学者。字あざなは璱人しつじん、号は定盦ていあん。段玉裁の孫。訓詁くんこ・音韻・文字学に通じ、公羊学を奉じて、清末革命思想の源流となった。著「定盦文集」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自珍
きょうじちん
(1792―1841)

中国、清(しん)末の詩人、学者。字(あざな)(しつじん)、号は定(ていあん)。浙江(せっこう)省杭州(こうしゅう)城内の生まれ。祖父も父も進士出身の官僚であり、母は著名な考証学者段玉裁(だんぎょくさい)の娘という環境に育った。12歳から外祖父玉裁より文字学を習い、このことが後年の詩に難解な字を多用するという傾向をもたらした一因であろう。進士に合格したのは38歳と遅く、礼部主客司主事を最後に48歳で辞職した。その2年後に江南の丹陽で急死。彼は挙人(きょじん)になった翌年、28歳から劉逢禄(りゅうほうろく)より公羊(くよう)学を学び、政治の現状に対する批判の目を開かれた。詩はきわめて個性的で異常な感覚に富み、憂愁の陰を色濃く落としている。清末の危機の時代を予感した詩人として、中華民国にかけて多くの志士たちに愛読された。『自珍全集』がある。[佐藤一郎]
『田中謙二注『中国詩人選集二集14 自珍』(1962・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の龔自珍の言及

【公羊学】より

…ところが前漢の末ごろ,劉歆(りゆうきん)が《春秋左氏伝》をはじめ古文経書を重んじ,王莽(おうもう)が政権をにぎって,古文経書を博士官の教科書として以後,公羊学は衰え,後漢時代に何休が《春秋公羊伝解詁》を著したものの,学界では訓詁を重んずる古文学が主流となった。 その後,清代中ごろに至り,まず常州(江蘇省)の荘存与(1719‐88)が《春秋公羊伝》を顕彰し,ついで劉逢禄が何休の公羊学を重んじ《左氏伝》は劉歆の偽作だと指摘し,さらに龔自珍(きようじちん),魏源は,現実を遊離した考証学的学風を批判し,当面の崩壊しつつある王朝体制を救うために,何休の公羊学にもとづいて〈変〉の観念を強調した。しかし,公羊学を最も重んじて政治変革の理論的根拠としたのは,戊戌(ぼじゆつ)変法(1898)の指導者,康有為である。…

【中国文学】より

…17世紀末から18世紀初めの黄宗羲(こうそうぎ),顧炎武,朱彝尊らに始まって,多数の学者がそれぞれに独自のスタイルの散文を書いた。そして中期をすぎると経学の今文(きんぶん)派がまた新しいスタイルを始め,龔自珍(きようじちん)は康有為,梁啓超の新聞体の散文が出るさきがけをなした。明末から四六文が復興し,清朝に入って盛んになった。…

※「龔自珍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

龔自珍の関連キーワード柳亜子

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android