コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本交通公社 ニホンコウツウコウシャ

デジタル大辞泉の解説

にほん‐こうつうこうしゃ〔‐カウツウコウシヤ〕【日本交通公社】

日本最大の旅行業者。明治45年(1912)設立の「ジャパン‐ツーリスト‐ビューロー」が数度の改組・改称を経て、昭和20年(1945)現名称の財団法人となったのち、昭和38年(1963)営業部門を分離して株式会社としたもの。さらに平成13年(2001)社名を「ジェイティービー」に改称した。同名の財団法人は観光調査・研修事業などを行っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にほんこうつうこうしゃ【日本交通公社】

日本人の国内・海外旅行外国人の訪日旅行など行営業のほかに,《時刻表》《旅》などの出版事業も営む世界最大の旅行業者。1912年,日本交通公社の前身である国際旅客奨励会〈Japan Tourist Bureau(ジャパン・ツーリスト・ビューロー)〉が,外国人客を日本に誘致し,これら外国人客のために諸般の便宜をはかる目的で,鉄道院が中心となって会員組織で設立された。したがって,当初は外国人に対する鉄道院の委託乗車券の発売と日本観光への誘致のための宣伝に活動は絞られていたが,その後乗船券や旅館券など券種の拡大のほか,日本人の旅行も手がけるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本交通公社
にほんこうつうこうしゃ

日本を代表する旅行・観光分野の研究調査機関。英語表記はJapan Travel Bureau Foundation、略称JTBF。訪日外国人の接遇を目的として1912年(明治45)3月に設立されたジャパン・ツーリスト・ビューロー以来、数度にわたる改組や名称変更が行われ、1945年(昭和20)財団法人日本交通公社となる。旅行・観光に関する研究調査に加えて、シンポジウム・セミナーなどの開催、出版物の刊行、「旅の図書館」の運営など、観光文化の振興のための公益面での活動を行っており、2012年(平成24)4月に公益財団法人に移行している。なお、1963年に営業部門を分離して設立された株式会社日本交通公社は、日本最大の旅行業者となり、2001年株式会社ジェイティービーと改称した。[橋本俊哉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日本交通公社の言及

【旅行業】より

…これが現在の(株)日本旅行の創業といわれている。また外国人客誘致と接遇のために,これより先1893年にジャパン・ツーリスト・ビューローの前身といわれる喜賓会(きひんかい)Welcome Societyが設立され,これが現在の日本交通公社に引き継がれている。外国における近代的旅行業の創始者はイギリスのクックで,彼は1841年禁酒会の団体旅行を組織した。…

※「日本交通公社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本交通公社の関連キーワードジェイティービー(株)JTB[株]超音速旅客機ダイヤグラム五十嵐新次郎鷹司 平通県花・県木サハラ砂漠戸塚 文子浅野 梨郷村上 義一大蔵 公望交通博物館観光産業国民宿舎鷹司平通高山植物岡田喜秋大蔵公望集団就職

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本交通公社の関連情報