コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旋毛虫 せんもうちゅうTrichinella spiralis; trichina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旋毛虫
せんもうちゅう
Trichinella spiralis; trichina

袋形動物門線虫綱毛頭虫目センモウチュウ科。体長3~4mm, 1.5mm内外。ヒト,イヌ,ブタ,クマ,ネズミなど哺乳類小腸に寄生し,腸内で交尾後,雄は死に,雌が腸粘膜に侵入して幼虫を産む。幼虫はリンパ流や血流に乗って全身に運ばれるが,このうち横紋筋に送られたものが生き残る。幼虫はやがて紡錘形状の胞嚢に包まれ,石灰化して数年間生存する。これが新しい宿主に食べられるとその小腸内で成虫となる。ヨーロッパ北アメリカなどに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せんもう‐ちゅう【旋毛虫】

旋毛虫科の線虫類。体長1~4ミリの糸状で、成虫は哺乳類の小腸に、幼虫は筋肉内に寄生する。ヒトには主に豚肉の生食から感染。日本には少ない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんもうちゅう【旋毛虫】

袋形動物線虫綱の寄生虫。成虫は多くの哺乳類の小腸の粘膜内にすむ。幼虫は同じ宿主の横紋筋内で螺旋らせん状になって胞囊ほうのうをかぶり発育を止め、宿主が食べられると次の宿主の腸内で成虫になる。体長1.5~4ミリメートル。ヒトは主にブタやクマの生肉を食べて感染する。欧米に多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旋毛虫
せんもうちゅう
trichina
[学]Trichinella spiralis

線形動物門双器綱鞭虫(べんちゅう)目旋毛虫科に属する寄生虫。トリヒナともいう。成虫は非常に小さく、雄の体長1.4~1.6ミリメートル、雌3、4ミリメートルで、ヒト、ブタ、イヌ、ネコ、クマ、ネズミなどの小腸に寄生する。これを腸トリヒナという。
 発育環は特異で、成虫と幼虫が同一宿主内に寄生し、卵や幼虫が外界に排出されることがない。宿主の小腸内の成虫は、交尾したのち、雄はまもなく死ぬが、雌は小腸粘膜に侵入して数百匹の幼虫(卵胎生)を産む。幼虫はリンパあるいは血流にのって全身に運ばれる。このうち横紋筋(とくに横隔膜、舌筋など)に達した幼虫だけが生き残る。幼虫の長さは約1ミリメートル、やがて小さな袋に包まれ、その中で丸まって数年間生存する。このように筋繊維に寄生した幼虫を筋肉トリヒナという。筋肉トリヒナが別の宿主に食われると、その小腸内で成虫になる。[町田昌昭]

旋毛虫症

トリヒナ症ともいい、人獣共通感染症である。旋毛虫幼虫の寄生した不完全調理あるいは生の獣肉を食べることにより感染し、小腸上部で幼虫を包んだ袋が消化され、脱出した幼虫は3~5日で成虫となり、雌は腸粘膜内に幼虫を産出する。いちじに多数が侵入すると腹痛や下痢、ときに血便などの消化器症状を呈する。しかし、おもな症状は筋肉内に侵入した幼虫によるもので、高熱、発疹(はっしん)、目の周囲の浮腫(ふしゅ)、筋肉痛などがみられ、末梢(まっしょう)血中における好酸球の増加は診断の手掛りとなる。潜伏期は通常10~20日くらい。急性期で重症の場合には、横隔膜、肋間(ろっかん)筋、心筋などが侵されて死亡することもまれではない。
 診断としては、食べた肉の検査をはじめ、筋生検のほか、患者血清による免疫学的検査が行われる。治療としては、メベンダゾールとステロイド剤との併用投与が有効である。欧米では古くから知られ、現在では世界的な規模で分布しており、アジア地域ではとくにタイ北部が最大の流行地である。日本でも1974年(昭和49)以来、青森県や三重県などで、ツキノワグマやヒグマの刺身、輸入ブタ肉による発症例がある。[山口富雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旋毛虫の関連キーワードWHOによる糸球体疾患の分類好酸球性髄膜脳炎人獣共通伝染病ページェット土壌線虫旋毛虫症トリヒナ