日光二荒山神社(読み)にっこうふたらさんじんじゃ

デジタル大辞泉プラスの解説

日光二荒山(ふたらさん)神社

栃木県日光市にある神社。奈良時代末の創建と伝わる。祭神は二荒山大神(大己貴命(おおなむちのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、味秬高彦根命(あじすきたかひこねのみこと))。下野国一之宮。1999年、「日光の社寺」として世界文化遺産に登録。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の日光二荒山神社の言及

【二荒山神社】より

…栃木県日光市山内に鎮座。古く日光権現とよばれ,現在日光二荒山神社ともよぶ。二荒山に鎮まる神霊,二荒山大神すなわち大己貴(おおなむち)命,その妃田心姫(たごりひめ)命,子の味耜高彦根(あじすきたかひこね)命をまつる。…

※「日光二荒山神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日光二荒山神社の関連情報