コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日川 にっかわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日川
ひかわ

山梨県の甲府盆地東部を流下する笛吹(ふえふき)川の支流。「にっかわ」ともよばれる。大菩薩嶺(だいぼさつれい)付近に源流をもち、断層線に沿って花崗閃緑岩(かこうせんりょくがん)地帯を南に流れ、JR中央本線甲斐大和(かいやまと)付近に達し、西に流れを転じ、日川扇状地を形成、笛吹市一宮(いちのみや)町田中付近で笛吹川に合流する。流域は甲州(こうしゅう)市勝沼(かつぬま)町地区をはじめとするブドウの産地である。中流の田野(たの)から天目(てんもく)山にかけては武田勝頼(かつより)終焉(しゅうえん)の地として知られる。また嵯峨塩(さがしお)温泉、田野温泉などもあり、ハイキングコースとしても知られている。[吉村 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日川の関連キーワード獅子吼・手取県立自然公園日川浜オートキャンプ場天目山(山梨県)茨城県神栖市日川大和(山梨県)つくばみらい市鳥越(石川県)山梨県甲州市ジャンボ鶴田天目山の戦鳥越[村]揚水式発電朝日[町]勝沼氏館跡笛吹(市)大和〈村〉花崗閃緑岩飯田長次郎西淡[町]高松[市]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日川の関連情報