コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日暮硯 ひぐらしすずり

4件 の用語解説(日暮硯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日暮硯
ひぐらしすずり

江戸中期の経綸書。作者は馬場正方といわれるが,明らかでない。9代将軍徳川家重の治下,信州松代藩の家老恩田木工の事跡に関する説話の筆録である。民を愛し,誠実一筋に政治を行い,みごとに藩財政を建直した政治家の姿がよく描かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひぐらしすずり【日暮硯】

江戸時代、信州松代藩家老恩田杢(おんだもく)による藩政改革の事績を筆録した書。1巻。著者・成立年未詳。恩田は宝暦4年(1754)家老に就任、改革に実績をあげた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひぐらしすずり【日暮硯】

信州松代藩家老恩田木工(杢)(もく)民親の宝暦期藩政改革(1757‐62)に関する説話風の著書。筆者,制作年代不詳。別名《鳥籠の山彦》《杢政談》。倹約奨励,綱紀粛正,半知借上廃止,月割貢納制実施,先納年貢分切捨て,未進年貢分免除などにより藩財政再建に大成功したという内容。従来は本書の内容即史実とする過大評価が強かったが,虚構部分が少なくないので原典批判が要請される。【鈴木 寿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひぐらしすずり【日暮硯】

経綸書。一巻。江戸中期の信濃国松代藩家老恩田杢おんだもくの藩政改革の事績を説話風に記したもの。筆者・成立年とも未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日暮硯の関連キーワード大村光枝真田菊貫恩田木工松代焼木工・杢木工頭真田騒動/恩 田 木 工真田幸弘種田木工助

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone