コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日暮硯 ひぐらしすずり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日暮硯
ひぐらしすずり

江戸中期の経綸書。作者は馬場正方といわれるが,明らかでない。9代将軍徳川家重の治下,信州松代藩の家老恩田木工事跡に関する説話の筆録である。民を愛し,誠実一筋に政治を行い,みごとに藩財政を建直した政治家の姿がよく描かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひぐらしすずり【日暮硯】

江戸時代、信州松代藩家老恩田杢(おんだもく)による藩政改革事績を筆録した書。1巻。著者・成立年未詳。恩田は宝暦4年(1754)家老に就任、改革に実績をあげた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひぐらしすずり【日暮硯】

信州松代藩家老恩田木工(杢)(もく)民親の宝暦期藩政改革(1757‐62)に関する説話風の著書。筆者,制作年代不詳。別名《鳥籠の山彦》《杢政談》。倹約奨励,綱紀粛正,半知借上廃止,月割貢納制実施,先納年貢分切捨て,未進年貢分免除などにより藩財政再建に大成功したという内容。従来は本書の内容即史実とする過大評価が強かったが,虚構部分が少なくないので原典批判が要請される。【鈴木 寿】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひぐらしすずり【日暮硯】

経綸書。一巻。江戸中期の信濃国松代藩家老恩田杢おんだもくの藩政改革の事績を説話風に記したもの。筆者・成立年とも未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日暮硯の関連キーワード江戸時代真田氏一巻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android