日本のこころ(読み)ニッポンノココロ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本のこころ
にっぽんのこころ

日本の政治団体。2014年(平成26)8月、「日本維新の会」の共同代表であった石原慎太郎の支持グループを中心に結成されたいわゆる石原新党「次世代の党」が前身。党名を2015年12月に「日本のこころを大切にする党」に変え、さらに2017年2月に現名称となった。略称は「こころ」(総務省届出は「日本」)。綱領で「日本が長い歴史の中で育んできた風俗、習慣、文化に息づく日本のこころを大切に」とうたい、自主憲法の制定、安全保障法制や防衛力の強化、愛国心教育、家族中心の社会づくりなど保守色の強い政策を掲げた。2017年10月の衆議院選挙で当選者がなく、得票率も2%に満たなかったため、政党要件を失って政治団体となった。本部は東京都千代田区永田町。2018年2月時点で、代表は参院議員の中野正志(まさし)(1948― )で、所属国会議員は中野1人である。
 2014年7月、日本維新の会の解党を受け、石原のほか衆院議員の平沼赳夫(たけお)(1939― )、園田博之(1942― )、山田宏(1958― )、松沢成文(しげふみ)(1958― )、参院議員の中山恭子(1940― )らが結党に参加。党首に平沼、幹事長に山田、最高顧問に石原がついた。発足時の所属国会議員は22人(衆院19、参院3)。しかし2014年12月の衆院選、2015年4月の統一地方選、2016年7月の参院選などで惨敗。この間、代表(党首から変更)に中山恭子がついたが、離党者や政界引退者が相次ぎ、2017年の衆院選でも敗北し、党勢衰退に歯止めがかかっていない。[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本のこころの関連情報