コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本ハリストス正教会 ニホンハリストスセイキョウカイ

5件 の用語解説(日本ハリストス正教会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にほん‐ハリストスせいきょうかい〔‐セイケウクワイ〕【日本ハリストス正教会】

江戸末期にロシアから日本に伝わった東方正教会ニコライ堂を本山とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にほんハリストスせいきょうかい【日本ハリストス正教会】

ロシア正教会系の教会。明治正教会ともいう。宣教師ニコライが1861年(文久1)6月箱館に渡来し,キリシタン禁制のため公然たる布教活動はできなかったが,68年(明治1)には,市内の神官沢辺琢磨他2人の正教徒を得た。翌69年,キリスト教解禁の間近いことを知ったニコライ一時帰国,ロシア宗務院の許可を得て日本における伝道会を設立,その長となって71年に帰任し,本格的な活動を開始した。このときニコライを助けた者のなかには五稜郭の戦を生き延びた仙台と盛岡の旧藩士が多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にほんハリストスせいきょうかい【日本ハリストス正教会】

東方正教会の流れをくむ教会。1861年ロシア人宣教師ニコライの箱館渡来に始まる。1874年(明治7)本拠を東京駿河台に移した。日本正教会。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本ハリストス正教会
にほんハリストスせいきょうかい

日本正教会」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本ハリストス正教会
にほんはりすとすせいきょうかい
The Holy Orthodox Church in Japan

ロシア正教会の宣教師ニコライによって日本に創立された東方正教会系の教会。ハリストスХристос/Hristosはロシア語キリストのこと。ニコライは箱館(はこだて)(函館)のロシア領事館付司祭として1861年(文久1)渡来。最初の信者は沢辺琢磨(さわべたくま)、酒井篤礼(あつのり)、浦野大蔵の3名(1868受洗)であった。函館、仙台を中心に伝道、1872年(明治5)ニコライが東京に本拠を移してからは関西方面にも教勢が伸び、日露戦争の試練にあいながらも、1911年(明治44)教会数260余、信者数3万以上となった。翌1912年ニコライ死去、セルギーが指導者となったが、ロシア革命によってロシア正教会との関係がとだえ、日本ハリストス正教会憲法を制定しての自立体制を余儀なくされた。第二次世界大戦後、在米ロシア正教会(メトロポリア)と姉妹関係を結んだため一部が分離した(1970年ロシア正教会モスクワ総主教庁駐日ポドウオリエとなった)。1970年(昭和45)ロシア正教会と和解、自治独立の教会となった。三つの主教区をもつ(東京大主教区、東日本―主教座仙台、西日本―主教座京都)。教会数55、布教所数14、教師数37、信徒数9863(『宗教年鑑』平成26年版)。[山川令子]
『牛丸康夫著『日本正教史』(1978・日本ハリストス正教会教団府主教庁) ▽日本正教会編『日本正教傳道誌』全2巻(1900・日本正教会編輯局) ▽柴山準行編『大主教ニコライ師事蹟』(1936・日本正教会総務局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日本ハリストス正教会の言及

【ニコライ】より

…いったん帰国し,日本伝道会社を設立し,72年に東京進出。神田駿河台に本部を置き,伝道学校,のち正教神学校,女子神学校を設立し,日本ハリストス正教会は明治のキリスト教各派のなかでも有力な地歩を築いた。それを象徴するのが91年に完成した復活大聖堂(ニコライ堂)である。…

【ニコライ堂】より

…正式名は日本ハリストス正教会東京復活大聖堂。1884年ニコライ師により,日本ハリストス正教会布教本部として東京駿河台のロシア公使館付属地に起工。…

【ロシア】より

…またニコライNikolai(1836‐1912。俗名はカサトキンIoan Dmitrievich Kasatkin)によってもたらされたロシア正教は,明治末年までに信徒3万人を擁する日本ハリストス正教会へと発展した。 もともとロシアは,日本に隣接する諸国のうちで直接日本に軍事的脅威を与えうる武力を備えた唯一の国であったので,すでに18世紀の後半からしばしば対露警戒論が唱えられてきた。…

※「日本ハリストス正教会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本ハリストス正教会の関連キーワード東方正教会ロシア正教会ロシア正教会と在外ロシア正教会ギリシャ正教会正教会西方教会ハリストス正教会聖サワ教会ストグラフ会議明治正教会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本ハリストス正教会の関連情報