コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日給の簡 ニッキュウノフダ

4件 の用語解説(日給の簡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にっきゅう‐の‐ふだ〔ニツキフ‐〕【日給の簡】

日給2の確認のために殿上(てんじょう)の間の西北の壁に立てかけた札。殿上人(てんじょうびと)の官位姓名を記し、出仕者は自分の名の下に日付を記した紙片、すなわち放ち紙をはった。仙籍。ひだまいのふだ。

ひだまい‐の‐ふだ〔ひだまひ‐〕【日給の簡】

にっきゅうのふだ」に同じ。
「御前なる―に、内侍の督になすよしかかせ給ひて」〈宇津保・内侍督〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にっきゅうのふだ【日給の簡】

朝廷で殿上に出仕する者の官位姓名を記し,上番する日を示す簡。殿上簡(てんじようのふだ)ともいうが,仙籍(せんせき)ともいう。殿上を仙といい,簡を籍というのに由来する。日給の簡に名を記されると〈簡につく〉〈仙籍をゆるされる〉といい,逆に罪を犯すと氏名を簡から削り昇殿を止めるが,これを〈除籍する〉という。簡は午前に殿上の間に出し,夕刻には袋に入れて納めた。長さは5尺3寸,上方の幅8寸,下方の幅7寸,厚さ6分。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にっきゅうのふだ【日給の簡】

出仕する殿上人の名を記し、清涼殿の殿上の間の西北の壁に立てかけた札。殿上人の出勤簿。仙籍。殿上のふだ。ひだまいのふだ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日給の簡の関連キーワード首札散状参朝尻付け書は以て姓名を記するに足るのみ日給日奏札削る銘旗門籍

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone