コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日給の簡 ニッキュウノフダ

デジタル大辞泉の解説

にっきゅう‐の‐ふだ〔ニツキフ‐〕【日給の簡】

日給2の確認のために殿上(てんじょう)の間の西北の壁に立てかけた札。殿上人(てんじょうびと)の官位姓名を記し、出仕者は自分の名の下に日付を記した紙片、すなわち放ち紙をはった。仙籍。ひだまいのふだ。

ひだまい‐の‐ふだ〔ひだまひ‐〕【日給の簡】

にっきゅうのふだ」に同じ。
「御前なる―に、内侍の督になすよしかかせ給ひて」〈宇津保内侍督〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にっきゅうのふだ【日給の簡】

朝廷で殿上に出仕する者の官位姓名を記し,上番する日を示す簡。殿上簡(てんじようのふだ)ともいうが,仙籍(せんせき)ともいう。殿上を仙といい,簡を籍というのに由来する。日給の簡に名を記されると〈簡につく〉〈仙籍をゆるされる〉といい,逆に罪を犯すと氏名を簡から削り昇殿を止めるが,これを〈除籍する〉という。簡は午前に殿上の間に出し,夕刻には袋に入れて納めた。長さは5尺3寸,上方の幅8寸,下方の幅7寸,厚さ6分。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にっきゅうのふだ【日給の簡】

出仕する殿上人の名を記し、清涼殿の殿上の間の西北の壁に立てかけた札。殿上人の出勤簿。仙籍。殿上のふだ。ひだまいのふだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日給の簡の関連キーワード女房の簡殿上人札削る出勤簿清涼殿

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android