コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早矢仕有的 はやし ゆうてき

5件 の用語解説(早矢仕有的の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早矢仕有的 はやし-ゆうてき

1837-1901 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)8年8月9日生まれ。開業医。のち福沢諭吉に師事。明治2年横浜に書店丸屋,翌年東京日本橋に丸屋善七を開店し,はじめて洋書を輸入,洋品販売や出版も手がけた。13年丸善商社(のちの丸善)とし,社長となる。明治34年2月18日死去。65歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。本姓は山田。通称は善七。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

早矢仕有的

没年:明治34.2.18(1901)
生年:天保8.8.9(1837.9.8)
明治時代の実業家。丸善株式会社の創業者。福沢諭吉の実業思想を実践した。美濃国笹野村(岐阜県武儀町)の医師山田柳長の子だが,誕生前に父が病死したので,母の養家である同村の早矢仕家に引き取られ,養子となった。大垣,名古屋で医術を修め,郷里で医師を開業。19歳で江戸に出,医師を開業しつつ,坪井信道(2代)に洋医学を,谷信敬(坪井信道の弟)に英学を学び,さらに慶応義塾に入学,福沢諭吉に師事した。明治1(1868)年横浜の性病院に勤務するかたわら,同地に書店を開業した。2年1月1日,初歩的な会社組織として丸屋商社を設立。事業内容は書店(福沢の著書,洋書など),薬局,輸入雑貨,出版などで,東京,大阪,京都,名古屋に店舗を拡大し,13年2月,福沢とその門下生の出資を得て,責任有限会社丸善商社に改組した。また,福沢とその門下生の創設した横浜正金銀行,貿易商会,明治生命などの諸事業に出資,経営両面で協力した。12年以降経営していた一種の貯蓄銀行・丸家銀行が17年4月に破綻すると,貿易商会の失敗,横浜正金銀行の不振も含めて責任をとり,丸善商社社長をはじめすべての会社役員を辞任し,諸事業の債権整理に努め,不遇な晩年を送った。ハヤシライスの元祖という説が有力である。<参考文献>司忠編『丸善社史』

(森川英正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はやしゆうてき【早矢仕有的】

1837‐1901(天保8‐明治34)
丸善の創業者。美濃国(岐阜県)笹賀村に生まれる。医を志し大垣へ出て医術と蘭学を修め,1854年(安政1)に開業した。57年江戸に出て坪井信道,福沢諭吉に師事し,貿易の振興が日本の国力を充実するゆえんであると痛感した。69年(明治2)横浜において書店丸屋を創業したが,この屋号は地球の〈球〉を〈丸〉に替えて名づけたもので,世界を相手に商売をしようとする彼の志が託されている。翌年東京日本橋通り3丁目に書店丸屋善七を開店し,外国書籍輸入の端を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はやしゆうてき【早矢仕有的】

1837~1901) 実業家。美濃の人。福沢諭吉に師事。1869年(明治2)横浜で書店丸屋を創業。のち丸善に発展。外国書籍・雑貨を輸入する一方、「新体詩抄」などを出版。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早矢仕有的
はやしゆうてき
(1837―1901)

実業家。丸善(まるぜん)の創設者。医師山田柳長の長男として美濃(みの)国(岐阜県)武儀(むぎ)郡に生まれる。著名な蘭医(らんい)坪井信道(しんどう)に学び、岩村藩の御抱(おかかえ)医師となるが、のちに蘭学から英学に転じ、谷信敬の塾を経て、慶応義塾に移り福沢諭吉(ゆきち)に師事した。福沢の教示により医業から商業に志を転じ、1868年(明治1)横浜に輸入品販売を目的とする丸屋商社(丸善の前身)を創立した。福沢の有力なブレーン・トラストの1人であり、また、同社社長として事業拡大に業績を残したが、同系の丸家銀行の破綻(はたん)に伴い、社長を辞任した。[浅野俊光]
『蛯原八郎著『早矢仕有的伝』(『明治文化研究 五』所収・1935・広文庫) ▽『丸善社史』(1951)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の早矢仕有的の言及

【丸善[株]】より

…本店,東京都日本橋。早矢仕有的(はやしゆうてき)が,貿易の振興こそ日本の国力を充実するゆえんであるとして,1869年(明治2)横浜に創業した輸入業丸屋商社をその前身とする。屋号の〈丸屋〉は,世界を相手に商売するという意味で,地球になぞらえて命名したものである。…

※「早矢仕有的」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

早矢仕有的の関連キーワード創業者利得丸善水野利八創業家中原昌発西村治兵衛八十島親徳羽咋丸善丸善薬品産業両毛丸善

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早矢仕有的の関連情報