明の時代(年表)(読み)みんのじだいねんぴょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明の時代(年表)
みんのじだいねんぴょう

1351劉福通(河南)、徐寿輝(湖北)らの紅巾軍おこる
1352郭子興、濠州に挙兵、朱元璋その軍に加わる
1363朱元璋、漢王陳友諒を陽湖に滅ぼす
1364朱元璋自立、呉王を称する
1367朱元璋、張士誠を蘇州に滅ぼす
1368朱元璋、帝位につき、国号を明とする。元滅びる
1370ティームール帝国成立
1380「胡惟庸の獄」起こり、胡惟庸ら1万5000余名処刑される。中書省を廃し、六部は皇帝に直属
1381雲南平らぐ。里甲制を全国に施行、賦役黄冊をつくる
1392李成桂、高麗を滅ぼし、李氏朝鮮を建てる
1393「藍玉の獄」起こり、藍玉ら2万余名誅殺される
1397大明律完成
1398閏5月、太祖死去、皇太孫の建文帝即位
1399燕王兵を起こし、「靖難の変」起こす
1402建文帝敗死、燕王即位(成祖永楽帝)
1405鄭和の第1回南海遠征。『永楽大典』の編纂始まる
1406張輔らを遣わして安南を征する
14102月、永楽帝の第一次モンゴル親征
1411会通河なり、大運河通じる
1413鄭和の第4回遠征、支隊アフリカ東岸に達する
14143月、永楽帝の第二次モンゴル親征
1421正式に北京遷都。鄭和の第6回南海遠征、支隊ペルシア湾に至る
1424永楽帝第五次モンゴル親征中、7月楡木川に没す
1426漢王の乱鎮定、諸王勢力削減される
1431安南黎氏独立、明の対外策消極化
1433江南で田賦の銀納化始まる(金花銀)
1448福建の農民茂七、乱を起こす
1449茂七の乱平定される。オイラート部中国へ侵入、親征の正統帝土木堡に捕らわれる。于謙、景泰帝を立てる
1454オイラート部のエセン汗殺される
1457クーデターにより正統帝復位、于謙殺される
1500モンゴルのダヤン・ハン大同に入寇
1502『大明会典』成る(1509刊行)
1505宦官劉瑾の専権始まる
1508このころ陽明学(王守仁)完成
1510寧夏の安化王、乱を起こす。劉瑾殺される
1517ポルトガル人広東に来る
1519寧王反乱し、王守仁(陽明)平定する
1523大内氏の遣明使節が寧波付近を荒らす
1528王守仁、両広の異民族を平らげ、帰途病没。トゥルファン入寇し、ついにハミを放棄
1530北京に天壇・月壇などを建立
1537ポルトガル人マカオに植民を始める
1540このころより「一条鞭法」の施行始まる
1541安南都統使司を設け安南国を支配する。モンゴルのアルタン・ハンの入寇始まる
1550アルタン・ハン、北京を包囲
1552フランシスコ・ザビエル、広東に没す
1553王直、倭寇を率いて沿海地方を侵す
1555倭寇南京を侵す
1557アルタン・ハン入寇。胡宗憲、王直を誘い出し殺す。ポルトガル人のマカオ居住を許す
1563アルタン・ハン、遼東を侵寇。戚継光ら福建に倭寇を破る
1566アルタン・ハン、遼東を侵寇
1567国初以来の海禁政策を緩める
1569海瑞、応天巡撫となり江南の地主を抑圧
1570アルタン・ハンと和し、順義王に封ずる。このころ『西遊記』完成
1572万暦帝即位
1575スペイン人広東に来る。ハルハ部、遼東に侵入
1578張居正、全国的に土地丈量を始める。『本草網目』完成
1579万里の長城の西部を修築
1582マテオ・リッチ、マカオに到着。アルタン・ハン、張居正没す
1583女真のヌルハチ挙兵し、遼東を侵す
1587『万暦大明会典』成る。東林書院復興
1592モンゴルの降将ボバイ、寧夏に反乱を起こす。豊臣秀吉朝鮮に侵入、明、朝鮮に援軍派遣(この二大征を播州の乱とともに万暦の三大征という)
1593女真族、ヌルハチに統一される
1594戸部主事の顧憲成削籍される(東林党議の始まり)
1597播州の土司楊応竜、乱を起こす。鉱税の害起こる
1601蘇州で「織傭の変」。マテオ・リッチ、北京に天主堂建設
1602『坤輿万国全図』刊行
1606『幾何原本』刊行
1611東林・非東林の党争激化
1616ヌルハチ、後金国を建てる
1619サルフの戦いに明軍大敗。後金、遼東を制圧
16207月、万暦帝死去。9月、紅丸を服用した泰昌帝急死
1622徐鴻儒の白蓮教徒の乱、山東に起こる
1624オランダ人台湾を占領し根拠地を設ける
1626ヌルハチ死去
1627崇禎帝即位。魏忠賢磔刑に処せられる。各地で農民反乱起こる
1631李自成、農民反乱軍に参加
1634アダム・シャールらの『崇禎暦書』完成
1636後金、国号を清と改める。朝鮮、清に服属
1637『天工開物』完成
1639『農政全書』刊行
1644李自成北京に入り、崇禎帝万歳山に縊死。清軍、山海関の守将・呉三桂を降し、その先導により北京無血占領、清の中国支配始まる
1645南京陥落、福王捕らえられる。李自成自殺
1661南明の永明王ビルマで捕らえられる

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例