コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春秋の筆法 シュンジュウノヒッポウ

デジタル大辞泉の解説

しゅんじゅう‐の‐ひっぽう〔シユンジウ‐ヒツパフ〕【春秋の筆法】

《「春秋」の文章には、孔子正邪の判断が加えられているところから》事実を述べるのに、価値判断を入れて書く書き方。特に、間接的原因を結果に直接結びつけて厳しく批判する仕方。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

春秋の筆法

孔子が『春秋』を修訂するにあたってとった歴史記述の手法。“春秋謹厳”といわれる記述の厳正さと共に、遠因であっても善悪・是非を暗に伝える記述をする、などの特色のこと。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅんじゅうのひっぽう【春秋の筆法】

孔子の筆になるという「春秋」のような厳しい批判の態度。
〔「春秋」が些事をとりあげて、大局への関係を説く論法であることから〕 間接的な原因を直接的な原因として表現する論法。また、論理に飛躍があるように見えるが、一面の真理をついているような論法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

春秋の筆法の関連キーワード些事杜預論法

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android