コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春風亭柳枝(初代) しゅんぷうてい りゅうし

2件 の用語解説(春風亭柳枝(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春風亭柳枝(初代) しゅんぷうてい-りゅうし

1813-1868 江戸時代後期の落語家。
文化10年生まれ。初代麗々亭柳橋(れいれいてい-りゅうきょう)の門人。「九州吹戻し」「三代吉(みよきち)殺し」など人情噺(ばなし)を得意とした。門下に2代柳枝,初代談洲楼燕枝(だんしゅうろう-えんし)ら。慶応4年7月17日死去。56歳。江戸出身。幼名は亀吉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

春風亭柳枝(初代)

没年:明治1.7.17(1868.9.3)
生年:文化10(1813)
江戸後期の落語家。幼名亀吉。江戸生まれ。16歳で初代麗々亭柳橋に入門,従来の人情咄の演出を一変させた。「九州吹き戻し」「美代吉殺し」を得意とし,小栗判官物の合巻『照天松操月鹿毛』(1854~58)を刊行した。酒を好み戒名も酒遊院柳枝日新信士(のち柳枝日喜)という。門下より初代談洲楼燕枝を出す。名跡は昭和34(1959)年に没した8代におよぶ。<参考文献>関根黙庵『講談落語考』(改題増補部加筆,1967)

(延広真治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の春風亭柳枝(初代)の言及

【春風亭柳枝】より

…落語家の芸名。(1)初代(?‐1868(明治1)) 初代麗々亭柳橋門下。《九州吹き戻し》など人情噺の名手として知られた。初代談洲楼燕枝(えんし)の師にあたる。(2)2代(1821‐74∥文政4‐明治7) 初代門下。(3)3代(1852‐1900∥嘉永5‐明治33) 本名鈴木文吉。初代談洲楼燕枝門下。〈蔵前の大師匠〉と呼ばれ,柳派の頭取として重きをなした。(4)4代(1868‐1927∥明治1‐昭和2) 本名飯盛和平。…

【落語】より


[幕末の江戸落語]
 1842年(天保13)の改革策によって,寄席の数もそれ以前の120余軒から15軒に制限されて衰微した江戸落語界も,改革の中心人物水野忠邦の失脚によって制限が撤廃されるとしだいに復興し,人情噺,芝居噺が流行したが,さらに三題噺の復活から隆盛に向かった。〈粋狂連(すいきようれん)〉〈興笑連(きようしようれん)〉などの三題噺のグループが生まれ,狂言作者の瀬川如皐(じよこう),河竹新七(のちの河竹黙阿弥(もくあみ)),戯作者の山々亭有人(さんさんていありんど),仮名垣魯文(かながきろぶん),絵師の一恵斎芳幾(いつけいさいよしいく)などに,金座役人高野酔桜軒(すいおうけん),大伝馬町の豪商勝田某(春の舎(や)幾久)などをはじめとする江戸の文人や通人,落語家の初代春風亭柳枝(しゆんぷうていりゆうし),3代柳亭左楽(りゆうていさらく)(?‐1872),初代三遊亭円朝などが参加して,三題噺の自作自演に熱中した。このグループ活動を契機として,幕末から明治にかけての東京落語界の中心人物になる円朝が成長したことは意義深かった。…

※「春風亭柳枝(初代)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

春風亭柳枝(初代)の関連キーワード三好汝圭松本龍澤鏑木雲洞斎藤抱山桂文枝三笑亭可楽三遊亭円生朝寝坊夢楽遠山弘湖百多楼団子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone