コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晏陽初 あんようしょYàn Yáng chū

世界大百科事典 第2版の解説

あんようしょ【晏陽初 Yàn Yáng chū】

1894‐1990
中国の教育家。四川省巴中県の人。アメリカ,イェール大学卒,プリンストン大学博士号を取得。1918年,フランスで中国人労働者のための識字教育に従事。23年,陶行知黄炎培らと中華平民教育促進会を設立するとともに梁漱溟と〈郷村建設〉に尽力。32年から河北省定県に農村教育実験区をつくるなどした。新中国成立に際しては台湾に逃れ,その後フィリピンに移り住んだ。欧米ではクリスチャン・ネームのJames Yenとして有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

晏陽初
あんようしょ
(1893―1990)

中国の社会教育運動家。四川(しせん)省巴中(はちゅう)県の人。香港(ホンコン)大学を卒業し、1916年アメリカのエール大学に留学。1918年フランスに渡り、YMCA(キリスト教青年会)の依頼で、フランスに送られた中国人労働者の教育にあたる。1919年アメリカに戻り、プリンストン大学の歴史学修士を取得。1920年帰国後、上海キリスト教青年会に新設された平民教育科を任され、国民の生活基礎は教育にあるという信念で、湖南(こなん)・広東(カントン)・浙江(せっこう)・山東(さんとう)諸省の識字・平民教育運動を行い、1923年陶行知らと北京(ペキン)に中華平民教育促進会を設けて総幹事となった。その後、農民工作、いわゆる「郷村建設」に転じ、1926年には河北(かほく)省定県に農村教育実験区をつくり、1934年国民政府の支持のもとに河北省県政建設研究院長となった。定県の工作は、文芸、生計、公民、衛生の4大教育と、学校、社会、家庭の3教育方式を特色とし、欧米にも知られた。1948年農村復興合同委員会委員となる。1949年の新中国成立にあたっては、台湾に逃れ、1950年アメリカに渡り、ユネスコ顧問などを務めた。1952年フィリピンに招かれて農村建設に従事した。これ以後、タイ、グアテマラ、コロンビア、ガーナといった国々でも、農村改造促進会を設立する手助けをした。1967年フィリピンのカビテで国際農村改造学院を創立し、院長となった。[深澤一幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

晏陽初の関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門荒木経惟スミス(Kiki Smith)スペースシャトル飛行記録ミハイル ゴルバチョフ日清戦争印僑ロシア映画

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android