コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晏陽初 あんようしょ Yàn Yáng chū

2件 の用語解説(晏陽初の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あんようしょ【晏陽初 Yàn Yáng chū】

1894‐1990
中国の教育家。四川省巴中県の人。アメリカイェール大学卒,プリンストン大学で博士号を取得。1918年,フランスで中国人労働者のための識字教育に従事。23年,陶行知,黄炎培らと中華平民教育促進会を設立するとともに梁漱溟と〈郷村建設〉に尽力。32年から河北省定県に農村教育実験区をつくるなどした。新中国成立に際しては台湾に逃れ,その後フィリピンに移り住んだ。欧米ではクリスチャン・ネームJames Yenとして有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

晏陽初
あんようしょ
(1893―1990)

中国の社会教育運動家。四川(しせん)省巴中(はちゅう)県の人。香港(ホンコン)大学を卒業し、1916年アメリカのエール大学に留学。1918年フランスに渡り、YMCA(キリスト教青年会)の依頼で、フランスに送られた中国人労働者の教育にあたる。1919年アメリカに戻り、プリンストン大学の歴史学修士を取得。1920年帰国後、上海キリスト教青年会に新設された平民教育科を任され、国民の生活基礎は教育にあるという信念で、湖南(こなん)・広東(カントン)・浙江(せっこう)・山東(さんとう)諸省の識字・平民教育運動を行い、1923年陶行知らと北京(ペキン)に中華平民教育促進会を設けて総幹事となった。その後、農民工作、いわゆる「郷村建設」に転じ、1926年には河北(かほく)省定県に農村教育実験区をつくり、1934年国民政府の支持のもとに河北省県政建設研究院長となった。定県の工作は、文芸、生計、公民、衛生の4大教育と、学校、社会、家庭の3教育方式を特色とし、欧米にも知られた。1948年農村復興合同委員会委員となる。1949年の新中国成立にあたっては、台湾に逃れ、1950年アメリカに渡り、ユネスコ顧問などを務めた。1952年フィリピンに招かれて農村建設に従事した。これ以後、タイ、グアテマラ、コロンビア、ガーナといった国々でも、農村改造促進会を設立する手助けをした。1967年フィリピンのカビテで国際農村改造学院を創立し、院長となった。[深澤一幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

晏陽初の関連キーワード四川省張群陳毅教育家蜀犬西康張瀾巴蜀川劇余傑氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone