コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智旭 ちぎょく Zhi-xu

3件 の用語解説(智旭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

智旭
ちぎょく
Zhi-xu

[生]万暦27(1599)
[没]永暦9(1655)
中国,明末の学僧。姓は鐘。字は藕益 (ぐうえき) 。江蘇省呉県の人。天台宗に属し,俗称は霊峰藕益大師。『楞伽経義疏』 (9巻) ,『浄土聖賢録』 (6巻) ,『起信論裂網疏』など多数の著書があり,禅,教,律の三学一致を主張した明代を代表する仏教者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちぎょく【智旭】

[1599~1655]中国、明末の天台宗の僧。蘇州(江蘇省)の人。字(あざな)は藕益(ぐうやく)。号、八不道人。儒学を学び、のち仏教の天台・唯識などの諸学に精進、諸宗を体系づけようとし、またキリスト教(景教)も研究。著「閲蔵知律」など。霊峰藕益大師。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

智旭
ちぎょく
(1599―1655)

中国、明(みん)末の僧。江蘇(こうそ)省蘇州の人。姓は鍾(しょう)氏、字(あざな)は藕益(ぐうやく)。八不道人(はっぷどうじん)と号する。幼少のころから儒学を修め、20歳を過ぎて仏門に帰した。一宗一派に属することをよしとせず、その思想的関心は多方面にわたっている。天台、華厳(けごん)、唯識(ゆいしき)、禅、念仏、律に及び、しかもこれらに儒教を加えて、内外いっさいの教えが対立・排斥しあうものではないという見解にたつ。すべてが調和し、融会(ゆうえ)するというのが彼の見解の基本である。とりわけ、禅=達磨(だるま)禅、天台の教門、律=南山律に注目し、三学の一元を提唱する。『閲蔵知津(ちしん)』48巻など著書は多い。[新田雅章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の智旭の言及

【藕益智旭】より

…中国,明末の僧。八不道人,始日大師ともよぶ。憨山(かんざん),雲棲,達観とあわせて,明代四高僧に数える。呉県木瀆(もくとく)(江蘇省中部)の人,姓は鍾,名は際明,字を素華という。憨山の禅,雲棲の浄土教をうけて,主として天台と律によって,仏教の総合再編につとめた。禅教離反,各宗偏向を排して,《大蔵経》の要義をあつめて,《閲蔵知津》をつくる。晩年,杭州西湖の霊峰にあり,門人成時がその説を集めて《霊峰宗論》を編する。…

※「智旭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

智旭の関連キーワード永暦帝万暦赤絵万暦万暦窯没・歿勃・歿・没Diaz de la Peña,N.《万暦会典》《万暦続蔵》

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

智旭の関連情報