暗む/眩む/晦む(読み)クラム

デジタル大辞泉の解説

くら・む【暗む/×眩む/×晦む】

[動マ五(四)]
暗くなる。
「刻一刻と―・んで行くなかに」〈里見弴・今年竹〉
(「目がくらむ」の形で)
㋐強い光を受けて、一時的に目が見えなくなる。「照明に目が―・む」
㋑過度の刺激を受けたり、疲労から、目が回る。めまいがする。「目も―・むような断崖」「高熱で目が―・む」
㋒ある物事に心を奪われて、よしあしの判断ができなくなる。「金に目が―・む」
[動マ下二]暗くする。また、くらます。隠す。
「その郎等を召すに、跡を―・めて失せぬ」〈著聞集・一六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android