コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗む/眩む/晦む クラム

1件 の用語解説(暗む/眩む/晦むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くら・む【暗む/×眩む/×晦む】

[動マ五(四)]
暗くなる。
「刻一刻と―・んで行くなかに」〈里見弴・今年竹〉
(「目がくらむ」の形で)
㋐強い光を受けて、一時的に目が見えなくなる。「照明に目が―・む」
㋑過度の刺激を受けたり、疲労から、目が回る。めまいがする。「目も―・むような断崖」「高熱で目が―・む」
㋒ある物事に心を奪われて、よしあしの判断ができなくなる。「金に目が―・む」
[動マ下二]暗くする。また、くらます。隠す。
「その郎等を召すに、跡を―・めて失せぬ」〈著聞集・一六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暗む/眩む/晦むの関連キーワード青ずむ赤らむ一刻・一国熟む黄ばむ刻一刻窄む詰む温む深む

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone