コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眩しい マブシイ

デジタル大辞泉の解説

まぶし・い【×眩しい】

[形][文]まぶ・し[シク]
光が強すぎて、まともに見にくい。まばゆい。「裸電球が―・い」
まともに見ることがためらわれるほど美しい。また、尊い。「彼女の輝くばかりの笑顔が―・い」
[派生]まぶしがる[動ラ五]まぶしげ[形動]まぶしさ[名]

まぼし・い【×眩しい】

[形][文]まぼ・し[シク]まぶしい」に同じ。
「女の一人は―・いと見えて、団扇を額の所に翳(かざ)している」〈漱石三四郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まぶしい【眩しい】

( 形 ) [文] シク まぶ・し
光が強くて、目をあけていられない。 「 - ・い太陽」 「照明が-・い」 「 - ・クテ目ガアケラレナイ/ヘボン」
相手があまりに美しい、または立派なのでまともに見ることができない。 「 - ・いほどの美しさ」 「成人した息子の姿が-・く感じられる」
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

まぼしい【眩しい】

( 形 )
〔近世江戸語〕
まぶしい(眩) 」に同じ。 「 - ・くつてしれねえ、先づお顔をちよつと拝さう/洒落本・甲駅雪折笹」 「町へ出ると日の丸だらけで、-・い位である/坊っちゃん 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

眩しいの関連キーワード石原 裕次郎裸電球洒落本シク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

眩しいの関連情報