コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目映ゆい/眩い マバユイ

デジタル大辞泉の解説

ま‐ばゆ・い【目映ゆい/×眩い】

[形][文]まばゆ・し[ク]
光が明るすぎて、まともに見られない。まぶしい。「―・い朝の光」
まともに見られないほどきらびやかで美しい。「―・いばかりの宮殿」
恥ずかしい。てれくさい。
「親、はらから許して、ひたぶるに迎へ据ゑたらん、いと―・かりぬべし」〈徒然・二四〇〉
度が過ぎていて、見ていられない。
「しばしばまかり馴るるには、少し―・く」〈帚木
[派生]まばゆがる[動ラ五]まばゆげ[形動]まばゆさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

目映ゆい/眩いの関連キーワード宮殿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android