暗暗/闇闇(読み)アンアン

デジタル大辞泉の解説

あん‐あん【暗暗/闇】

[ト・タル][文][形動タリ]
暗いさま。はっきりしないさま。
「一間と離れた先は黒(こく)―として」〈荷風・地獄の花〉
表立たないさま。ひそかなさま。「―のうちに了解し合う」

くら‐ぐら【暗暗】

[名]薄暗い時刻。日暮れ方。
「急ぎ立ちて行く程に、―にぞ家に行き着きたる」〈今昔・二六・一七〉
[副]暗くて物がよく見えないさま。
「白雲に跡―と行くかずもとひもやすると思ひけるかな」〈公任集

くれ‐ぐれ【暗】

[副]《上代は「くれくれ」》心が暗く悲しみに沈むさま。また、思案に暮れるさま。
「―と秋の日ごろのふるままに思ひ知られぬあやしかりしも」〈和泉式部日記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くらぐら【暗暗】

( 名 )
薄暗い時刻。日の暮れがた。 「急ぎ立ちて行く程に-にぞ行き着きたる/今昔 26
( 副 )
暗くてよく見えないさま。 「十二日、池田を立ちて、-行けば/海道記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android