暗暗/闇闇(読み)アンアン

デジタル大辞泉の解説

あん‐あん【暗暗/闇】

[ト・タル][文][形動タリ]
暗いさま。はっきりしないさま。
「一間と離れた先は黒(こく)―として」〈荷風・地獄の花〉
表立たないさま。ひそかなさま。「―のうちに了解し合う」

くら‐ぐら【暗暗】

[名]薄暗い時刻。日暮れ方。
「急ぎ立ちて行く程に、―にぞ家に行き着きたる」〈今昔・二六・一七〉
[副]暗くて物がよく見えないさま。
「白雲に跡―と行くかずもとひもやすると思ひけるかな」〈公任集

くれ‐ぐれ【暗】

[副]《上代は「くれくれ」》心が暗く悲しみに沈むさま。また、思案に暮れるさま。
「―と秋の日ごろのふるままに思ひ知られぬあやしかりしも」〈和泉式部日記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くらぐら【暗暗】

( 名 )
薄暗い時刻。日の暮れがた。 「急ぎ立ちて行く程に-にぞ行き着きたる/今昔 26
( 副 )
暗くてよく見えないさま。 「十二日、池田を立ちて、-行けば/海道記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あん‐あん【暗暗】

〘形動タリ〙
① 暗いさま。奥深くかすかなさま。
※大観本謡曲・景清(1466頃)「暗々たる庵室に」
※静寄軒文集(1813頃)五・赴淀城舟中分韻「花影黯々白、柳影淡々青」 〔楚辞‐天問〕
② 人知れずするさま。ひそかなさま。
江戸繁昌記(1832‐36)五「暗々想ひ道ふ」

くら‐ぐら【暗暗】

[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) 暗くてはっきりと見えないさまを表わす語。ぼんやり。
※公任集(1044頃)「白雲に跡くらくらと行くかげもとひもやすると思ひける哉」
[2] 〘名〙 暗くてものがよく見えない時刻。薄暗い時分。日暮れ方。また、未明。
※今昔(1120頃か)二六「暗々(くらくら)にぞ家に行着たる」

くれ‐ぐれ【暗暗】

〘副〙 (「くれくれ」とも。多く「と」を伴って用いる) 心が暗く沈んで悲しみにくれるさま、思案にくれるさまを表わす語。
※万葉(8C後)五・八八八「常知らぬ道の長手(ながて)を久礼久礼(クレクレ)と如何にか行かむ糧米(かりて)は無しに」
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)四「心がくれぐれとして、深き所へ沈み入(いる)やうに侍るは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android