コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曙染 あけぼのぞめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曙染
あけぼのぞめ

ぼかし染の一種。朧染 (おぼろぞめ) とも呼ばれる。衣装に仕立てた際,曙の空のように紅や紫などで肩から裾に向って次第に色調を淡く染めていき,最後に裾の部分 10~15cmを白く染め残す手法。寛文頃 (1661~73) 京都の辻子新右衛門が染めはじめたと伝えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あけぼの‐ぞめ【×曙染(め)】

曙の空のように、上部を紅・紫・黒などで濃く、裾(すそ)を淡くぼかす染め色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

曙染の関連キーワード恋衣

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android