コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書誌学 しょしがくbibliography

翻訳|bibliography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

書誌学
しょしがく
bibliography

書物そのものについての理論的研究をいう。特に書物体裁用途,本文,歴史などを研究する学問

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょし‐がく【書誌学】

図書を研究対象とする学問。図書の成立・発展や内容・分類などに関する一般的研究と、図書の起源・印刷・製本形態などについての考証的研究とがある。ビブリオグラフィー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

書誌学【しょしがく】

ビブリオグラフィーbibliographyの訳語。広義には書物に関する学問。印刷,造本異本など書物の物質的形態を研究し,その起源,歴史などを解明する学問をさす場合と,特定の主題についての文献目録をさす場合の2義があり,狭義には前者だけを書誌学と称し,後者を単に書誌という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょしがく【書誌学】

現在書誌学と呼ばれているものに近い学問は,中国にも古くからあって,遠くは漢の劉向父子に始まる目録学,唐・宋時代の校勘学,近くは顧炎武その他が清代に唱えた考証学などは,いずれも書誌学の一部を内容としており,日本でも江戸末期の学者狩谷棭斎(かりやえきさい)などは,本質的にすぐれた書誌学者であったといえる。しかし書誌学というのは比較的新しい造語であって,たとえば1940年の修訂版《大日本国語辞典》にはまだ採録されていない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょしがく【書誌学】

書籍を研究の対象とする学問。書籍の成立・発展、印刷・製本・材質・形態、および図書分類などの一般的な研究と、ある書籍について個別に行う研究とがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

書誌学
しょしがく
bibliography

ビブリオグラフィーとはギリシア語のビブリオンbiblion(図書)とグラフィエンgraphien(誌(しる)す)から生まれたことばである。語源からわかるように、このことばは当初「図書を書く」という意味であったが、18世紀に入って、フランスで「図書について書く」という意味に使われるようになると、旧来の意味は廃れていった。そして19世紀末にイギリスで、文献の伝達を研究する(分析書誌学)考え方が書誌学に追加されると、この考え方を含まない書誌学と区別して、新書誌学とよばれるようになった。現在の英米の書誌学はこの考え方をとっている。日本語の書誌学および書誌は英語のビブリオグラフィーの訳語である。[高野 彰]

西洋

図書を研究する学問。「図書を読む」と「図書を枕(まくら)にする」とでは、「図書」の意味はまったく異なる。前者が図書の内容を問題にしているのに対して、後者は「物」としての図書をさしている。英米の書誌学は図書の扱い方をこのように区別し、書誌学を参考書誌学reference bibliographyと物質書誌学material bibliographyに分けている。前者は列挙書誌学のことであり、後者は分析書誌学のことである。後者は研究の目的によって、さらに、記述書誌学、本文書誌学、そして歴史書誌学に分かれる(フランスやドイツでは英米の分析書誌学を書誌学に含めていない)。[高野 彰]
列挙書誌学
enumerative bibliography 図書資料にはさまざまな知識が収められている。この知識を有効に普及させるには図書資料の内容を識別して、特徴を記述し、一定の体系に配列しておく必要がある。こうした研究をするのが列挙書誌学で、列挙書誌はその産物である。書誌はいろいろな目的で編纂(へんさん)されるが、だいたい、世界書誌、全国書誌、主題書誌、個人書誌、そして書誌の書誌に大別できるかもしれない。[高野 彰]
分析書誌学
analytical bibliography 図書の物理的な事実を研究し、図書の製造工程を復原し、最終的には、個々の図書が抱えている問題を解決しようとするのが分析書誌学である。図書は著者の考えを伝える伝達物であるが、著者の手を離れた原稿が図書になるまでにはさまざまな人の手を介在しなければならない。清書職人、編集者、植字工、印刷工などの手を経るうちに、意識的あるいは無意識的に変更が生まれてくるものである。この変更は図書の製造中におこっているので、その原因を解明するには、図書がどんな特徴をもち、どのように製造されたのかといった図書に関する知識が必要である。書誌学が図書のことを研究するのはそのためである。伝達の問題を図書の製造中の問題としてとらえ直すということは、図書を(製造)「物」として扱うことである。英米の書誌学はこの立場で図書を分析し、伝達されない原因を物としての図書自身から導き出そうとする。19世紀のイギリスの書誌学者ヘンリー・ブラッドショーHenry Bradshaw(1831―86)はいみじくも「図書自身に語らせる」と表現した。伝達の問題を、意味とか、文学的に説明するのではなくて、製造上の物的な証拠で説明するのである。彼の唱えた原理は現在も英米の書誌学の基本になっている。書誌学の意義はここにあるといってよいであろう。
 図書を物として扱い、その物に語らせた例として引用されるのがカーターJohn Carter(1905―75)とポラードGraham Pollard(1903―76)が行ったワイズ偽作(ぎさく)本の暴露である。彼らは使用された活字と紙を分析し、問題の図書が偽作本であることを実証したのであった。
〔1〕記述書誌学descriptive bibliography ある版のすべての図書を分析書誌学的に調査し、印刷者とか出版者が当初出そうとした図書、すなわち理想本ideal copyの物理的な状態を確定するのが記述書誌学の役目で、その結果を記述書誌学の原則に従って記述し、配列をしたのが記述書誌である。理想本のようすを知るには、できるだけ多くの図書を調べなければならない。そのことによって、各図書の物理的な状態が確定できるだけでなく、図書の相互関係がつかめるので、版、刷、発行あるいは異刷に分類できるようになる。そしてときには、これまで知られていなかった「未記録」のものがみつかるかもしれない。
 以上のことから、理想本を記述する記述書誌と、特定本を記述する目録とでは、本質的に違うことが明らかであろう。目録のなかにも記述書誌学の原則に従って詳しく記述している例をみかける。しかし、どんなに詳しくても、特定本の記述である限り、それは目録なのである。
 近年、異刷の単位も含めた記述書誌が編纂されるようになった。異刷の状態も考慮することから、本文の異同も示されるので、記述書誌は本文書誌学にとってますます重要になってきている。しかし、すべての図書を網羅した記述書誌が編纂されているわけではない。本文書誌学の研究のなかで図書の相互関係がわかり、それが記述書誌に反映されることもあり、両者は互いに補足しあっているといえる。
〔2〕本文書誌学textual bibliography 印刷された文字や書かれた文字を「物」として扱い、その異同のようすを製造面から分析するのが本文書誌学である。最終的には、編者が批判版(すなわち著者が伝達しようとした本文を復原した版)を編集できるような原理と、その判断材料を用意することを目ざしている。
〔3〕歴史書誌学historical bibliography 歴史書誌学は物としての図書資料だけでなく、それ以外の資料も活用して図書を研究する。このなかには、印刷者、出版者、製本師、活字鋳造師などの伝記とか、版権の歴史などが含まれている。それに、印刷者とか出版者が所有する各種の記録類の分析も入るはずである。しかし歴史書誌学は、図書に関するすべての歴史を包含した広義の歴史研究ではない。そのため、近年フランスで提唱された、社会・経済面からみた図書の歴史、すなわち、l'histoire du livre(図書史)と、歴史書誌学を含めた総合的な研究分野の創設が提案されている。[高野 彰]

日本・中国

わが国では書誌学の語は昭和初年から一般に使用されるようになった。韓国でも書誌学の語が用いられている。中国の目録学・版本(はんぽん)学・校勘(こうかん)学・校讐(こうしゅう)学、わが国の書史学・文献学・図書学などの語も、書誌学とほぼ同様の内容である。[福井 保]
目的
学術研究の資料として図書を使用するためには、その本文を吟味し、その性質を明らかにする必要がある。ことに、成立の古い図書は、著作されてから今日まで、書写・印刷を重ねて伝来する間に、その本文が変化することが多い。意識的または無意識的な誤写、誤刻、補訂、脱漏、錯簡(さっかん)などによって、しだいに文字や文章が改められるからである。そのため、研究の前提として、できるだけ著者が著した原形に近い本文を追求する必要がある。ところが、本文はその入れ物である図書の物理的な性質に左右されやすいから、書写、印刷、装丁、伝来などの歴史と、その普遍的または個別的な特徴を明らかにすることが必要である。これが書誌学研究の目的である。書誌学の研究は本文批判すなわち原形本文の追求を究極の目的とする点において、単なる美術的鑑賞や骨董(こっとう)的愛玩(あいがん)または好事(こうず)的趣味と区別される。[福井 保]
内容
書誌学の内容、範囲には、前述の本文批判を含める広義の書誌学と、図書の形態的側面を主とする狭義の書誌学とがある。狭義の書誌学とは、(1)図書の起源(竹簡(ちっかん)・木牘(もくとく)・絹布など)、料紙(麻紙(まし)・斐紙(ひし)・楮紙(ちょし)など)、装丁(巻子(かんす)本・折(おり)本・粘葉(でっちょう)装など)、形態(大本(おおほん)・袖珍(しゅうちん)本・枡形(ますがた)本など)、(2)書写および印刷の種類(自筆本・宋刊(そうかん)本・官版(かんぱん)など)、方法(寄合書(よりあいがき)・活字版・影印(えいいん)本など)、様式(書風・版式など)、(3)図書の収集、整理、保存、文庫、蔵書家、蔵書印など、(4)出版、販売、利用など、についての研究である。これらに、図書の成立事情や、諸本の本文を比較して異同を明らかにし、系統をたて、原形本文にさかのぼる研究を加えたものが広義の書誌学である。[福井 保]
研究法
書誌学の研究は対象図書の主題、新旧や和漢洋書の別を問わない。しかし、各種主題のなかでは、対象図書の多い古典文学や歴史学の研究について、書誌学の知識がとくに必要である。そのため、書誌学はかつては文学や歴史学の補助学と考えられていた。また、本文の乱れは、図書の成立が古く、伝来が長いほど生じやすいから、新刊書よりも古典についての書誌学研究が必要とされるのは当然である。書誌学研究の方法論のうえでは、和漢書と洋書との間に差異はない。
 一般に、本文批判によって正しい結果を得るためには、比較する図書の性質を吟味し、できるだけ善本を選んで対校(たいこう)する必要がある。善本を選択するためには狭義の書誌学の知識が不可欠である。狭義の書誌学は、現存する多種多様の古書を広く調査し、その形態上の特徴を詳細、正確に比較、研究することによってしだいに究明される実証的な学問である。図書の形態や書写・印刷の方法は、地域、時代、出版者などによってそれぞれ独自の発達を遂げるとともに、そのなかでの個々の図書にはまた独自の変化がみられる。古書は近代の大量工業製品と異なって、手作りで個性的であり、また時間の経過に伴う各種の物理的変化も生ずる。古書はそれ自身についての情報が不備であるから、これを鑑識によって補い、推定、鑑別する必要がある。その鑑識とは、多数の図書の形態的特徴を比較し、その経験の蓄積によって古書の共通性や類似性を会得し、それに基づいて個々の図書の性質を判断する能力である。そのため研究者の養成が容易でないなど研究上の制約が多い。[福井 保]
研究史
中国では古く漢代に劉向(りゅうきょう)・劉(りゅうきん)(前32―後23)父子や班固(はんこ)らが図書の校勘や目録の編集を行い、その後、図書分類法が考案された。宋(そう)代には善本を求めてその本文を校勘する風潮がおこり、解題書がつくられ、偽書の研究や、すでに散逸した古典の逸文の編集も行われた。清(しん)代には考証学、考勘学など古典を実証的に研究し、その本文批判を行う学風が流行し、清末から民国初年にかけて楊守敬(ようしゅけい)、葉徳輝(しょうとくき/せっとくき)らが出て、しだいに書誌学の研究が隆盛となった。葉徳輝の『書林清話』はその代表的な著述である。わが国における佚存書(いっそんしょ)の調査、敦煌(とんこう)その他における新資料の発見、写真製版技術の進歩に伴う書影集の刊行などがその傾向を助長した。中国における書誌学の進歩は直ちにわが国にも伝えられた。
 わが国では奈良時代から平安初期にかけて仏典の目録がしばしば編集された。わが国に伝存する漢籍の総目録では『日本国見在書(げんざいしょ)目録』が、また国書の総目録では『本朝書籍(しょじゃく)目録』が著名である。平安末期にはすでに図書の校勘が始まり、わが国に伝存する漢籍の古写本と新渡の宋刊本との校勘が行われた。国書については鎌倉時代に源光行(みつゆき)、藤原定家(ていか)、仙覚(せんがく)らが出て『万葉集』『源氏物語』、勅撰(ちょくせん)集などの校勘に従事し、優れた校本を残した。江戸中期以後、清朝考証学の影響を受けた山井鼎(かなえ)(1681―1728)、吉田漢宦(かんがん)(篁(こうとん))らによって漢籍の校勘が始められ、文化・文政(ぶんかぶんせい)年間(1804~30)以後、市野光彦(いちのみつひこ)(迷庵(めいあん))(1765―1826)、林衡(たいら)(述斎(じゅっさい))、近藤守重(もりしげ)(正斎(せいさい))、狩谷望之(かりやもちゆき)(えきさい))、森立之(りっし)(枳園(きえん))らが出てその伝統を受け継ぎ、漢籍の善本を調査・研究し、書誌学の研究が確立した。森立之らによる『経籍訪古志(けいせきほうこし)』はその代表的な業績である。明治・大正時代には和田維四郎(つなしろう)、内藤虎次郎(とらじろう)(湖南(こなん))、島田翰(かん)(1881―1915)らがあり、昭和初年には国文学界に古典の本文批判的研究が流行した。長澤規矩也(ながさわきくや)、川瀬一馬(かずま)らは1931年(昭和6)に日本書誌学会を結成し、33年に同会から雑誌『書誌学』を創刊して多数の研究論文を発表した。そのほか、書影集や善本目録なども相次いで刊行されたので、書誌学の学術的な水準はこの時期に画期的な向上をみた。
 韓国でも1968年に韓国書誌研究会が発足して雑誌『書誌学』を創刊し、70年には韓国書誌学会が創立された。[福井 保]
『●西洋 ▽A・エズデイル著、高野彰訳『西洋の書物』(1972・雄松堂書店) ▽R. B. McKerrowAn Introduction to Bibliography for Literary Students (1927, Clarendon Press, Oxford) ▽Philip GaskellA New Introduction to Bibliography (1974, Clarendon Press, Oxford) ▽Fredson BowersPrinciples of Bibliographical Description (1962, Russell & Russell, New York)』
『●日本・中国 ▽長澤規矩也著『書誌学序説』(1968・吉川弘文館) ▽川瀬一馬著『日本書誌学概説』増訂版(1972・講談社) ▽長澤規矩也著『古書のはなし――書誌学入門』(1976・冨山房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

書誌学

図書を研究の対象とし,これを科学的に扱う研究領域.出版事項ばかりでなく,形態,材料,用途,活字,装丁,また個々の内容やその異同,成立の歴史,事情などを科学的,実証的に研究する.日本で書誌学という場合,一般には江戸時代以前に出版された図書(古書)について,成立,伝来,装丁などを含めたあらゆることの調査,研究活動に対して使用されることが多い.書誌学は,一般に分析書誌学(批判)と体系書誌学(列挙)とに大別される.前者は,個々の図書を正確に識別し,記述すること,いいかえれば,原本と異本の違いなどを詳細,厳密に研究することを目的とする.後者は,個々の図書について情報を収集し,それぞれを的確に識別できるように記述し,論理的に整理して,リスト化すること,およびその作成法の研究である.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

書誌学の関連キーワードC. スペルベルク・ド・ロバンジュールビブリオメトリックスオブソレッセンスディスコグラフィロトカの法則マヌエル2世和田維四郎ブリッジズ藤堂 祐範原文書誌学計量書誌学長沢規矩也岡野他家夫中島河太郎経籍訪古志コルディエ川瀬 一馬計量情報学水原尭栄杉村勇造

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書誌学の関連情報