有田 一寿(読み)アリタ カズヒサ

20世紀日本人名事典の解説

有田 一寿
アリタ カズヒサ

昭和・平成期の実業家,政治家 日本クラウン会長;久留米工業大学理事長;元・参院議員(新自由クラブ)。



生年
大正5(1916)年1月1日

没年
平成11(1999)年4月1日

出生地
福岡県北九州市

旧姓(旧名)
正木

学歴〔年〕
東京帝大文学部教育学科〔昭和16年〕卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和56年〕,勲二等瑞宝章〔昭和61年〕

経歴
青葉ケ丘女子中学・高校校長を経て、昭和23年福岡県教育委員長。27年実業界に転じ、若筑建設入社、28年専務を経て、33年社長。40年若葉建設と改称、51年会長、62年名誉会長、平成2年取締役相談役。また、昭和38年日本クラウン(48年クラウンレコード、平成2年日本クラウンに改称)を設立し社長、49年会長。45年ユニオン映画を設立、社長、のち会長。この間30年若松商工会議所会頭、32年日華油脂専務、35年東京湾開発興業社長などを経て、43年日経連に入り、常務理事のとき大学紛争の処理に活躍、日経連の教育問題特別委員を務める。47年第10期中央教育審議会委員。49年福岡地方区から参院議員に当選、自民党教育部会、参議院文教委員会に所属。51年離党して新自由クラブ結成に参画、55年引退。また久留米工業大学理事長、西日本工業学園理事長、国連大学準備調査委員、臨時教育審議会第三部会長を歴任。著書に「愛はほとばしる泉のごとく」「逃げてはいなかいか」「いのちの素顔」「日本の教育を考える」「教育改革の焦点」「教育改革と教科書」「人生は荒波の中の小舟―政・財界、芸能界の内側を歩いて」など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

有田 一寿
アリタ カズヒサ


肩書
元・参院議員(新自由クラブ),日本クラウン会長,久留米工業大学理事長

旧名・旧姓
旧姓=正木

生年月日
大正5年1月1日

出生地
福岡県北九州市

学歴
東京帝大文学部教育学科〔昭和16年〕卒

経歴
青葉ケ丘女子中学・高校校長を経て、昭和23年福岡県教育委員長。27年実業界に転じ、若筑建設入社、28年専務を経て、33年社長。40年若葉建設と改称、51年会長、62年名誉会長、平成2年取締役相談役。また、昭和38年日本クラウン(48年クラウンレコード、平成2年日本クラウンに改称)を設立し社長、49年会長。45年ユニオン映画を設立、社長、のち会長。この間30年若松商工会議所会頭、32年日華油脂専務、35年東京湾開発興業社長などを経て、43年日経連に入り、常務理事のとき大学紛争の処理に活躍、日経連の教育問題特別委員を務める。47年第10期中央教育審議会委員。49年福岡地方区から参院議員に当選、自民党教育部会、参議院文教委員会に所属。51年離党して新自由クラブ結成に参画、55年引退。また久留米工業大学理事長、西日本工業学園理事長、国連大学準備調査委員、臨時教育審議会第三部会長を歴任。著書に「愛はほとばしる泉のごとく」「逃げてはいなかいか」「いのちの素顔」「日本の教育を考える」「教育改革の焦点」「教育改革と教科書」「人生は荒波の中の小舟―政・財界、芸能界の内側を歩いて」など多数。

受賞
藍綬褒章〔昭和56年〕 勲二等瑞宝章〔昭和61年〕

趣味
ゴルフ 釣り カメラ

没年月日
平成11年4月1日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

有田 一寿 (ありた かずひさ)

生年月日:1916年1月1日
昭和時代;平成時代の実業家;政治家。日本クラウン社長;参議院議員
1999年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android