新自由クラブ(読み)しんじゆうクラブ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新自由クラブ
しんじゆうクラブ

日本の政党。1976年6月25日,自由民主党を離党した衆議院と参議院の 6議員で結成。代表河野洋平,幹事長西岡武夫で発足。ロッキード事件を通じて露呈された自民党の古い体質と老朽化に絶望し,新たな保守政治の創造を目指すと主張,同 1976年7月21日政策綱領にあたる「われわれの基本理念──新しい自由社会を創るために──」を発表した。教育立国,地方分権などを掲げたが,自民党との相違点は,理念,政策など必ずしも明確でなかった。結成直後の 1976年12月の衆議院議員総選挙では,一種のブームを現出し一躍 17議席を得たが,1977年7月の参議院議員通常選挙では,予想を下回り 3議席にとどまった。1978年2月に初の全国大会を開いたが,党勢,路線ともにその前途は未知数であった。1979年10月の総選挙では 4議席にとどまり,選挙後河野は責任をとり代表を辞任した。翌 1980年6月の衆参同時選挙では,革新野党の内部対立にも助けられ,衆議院では 12議席を得たが,その後も党勢はふるわず,1983年12月総選挙では 8議席となり,衆議院で統一会派自由民主党・新自由国民連合を組んだ。1986年7月の総選挙で 6議席となり,河野をはじめ党員の大半が自民党に復党。同 1986年8月15日に解党し,統一会派も解消した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんじゆう‐クラブ〔シンジイウ‐〕【新自由クラブ】

昭和51年(1976)自由民主党を離党した河野洋平ら6名の国会議員が結成した政党。自民党に抗する保守二大政党の一翼を目ざしたが、自民党への復党者が絶えなかった。同58年に自民党との連立政権に参加。同61年解党。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

新自由クラブ【しんじゆうクラブ】

自由民主党を離党した河野洋平らによって1976年7月に結成された政党。〈新自由主義〉を標榜(ひょうぼう)し,新保守中道路線をとった。1983年総選挙後,自由民主党と連立内閣を形成したが,1986年総選挙で惨敗,同年8月解党した。
→関連項目宇都宮徳馬中曾根康弘内閣

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しんじゆうクラブ【新自由クラブ】

1976年(昭和51)河野洋平らが自民党を離党して結成した保守政党。86年自民党に復帰して解党。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新自由クラブ
しんじゆうくらぶ

1976年(昭和51)6月、三木内閣のもとでロッキード事件が明るみになり、自由民主党内の派閥抗争が激化していた時期に、河野(こうの)洋平、田川誠一、山口敏夫(としお)、西岡武夫(たけお)ら6名の国会議員が「自民党に絶望」して「新しい保守」を目ざし結成した都市型保守政党。同年末の総選挙では「きれいな保守」を掲げてブームをよび、一躍18議席を獲得したが、その後は低迷し、社会民主連合と院内統一会派をつくったり、83年第二次中曽根(なかそね)内閣から自民党と統一会派をつくり閣僚1名を送り込んだりしたが、結党時に掲げた「保守二党制」の目標にはほど遠く、自民党への復党者が絶えなかった。(1)政治倫理確立、(2)新自由主義、(3)民意伸張、を綱領に掲げ、若手財界人や都市管理者層を支持基盤とし、都市サラリーマン層や商店主などにも支持を広げようとしたが、86年7月の衆参同日選挙でも敗退、自民党の超安定多数の前に統一会派としての機能も失われ、同年8月、解党、自民党への復党を決定した。[加藤哲郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新自由クラブの関連情報