コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有線放送電話 ゆうせんほうそうでんわ wired broadcasting and telephone

3件 の用語解説(有線放送電話の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有線放送電話
ゆうせんほうそうでんわ
wired broadcasting and telephone

有線放送の一種。加入者の受信機と使用電線を利用して,これをさらに電話に接続する施設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆうせんほうそう‐でんわ〔イウセンハウソウ‐〕【有線放送電話】

有線ラジオ放送用の有線電気通信設備を用いて他人の通信を媒介する電話・放送設備。有線放送電話法に基づいて、昭和30~40年代に農山漁村などで、日本電信電話公社(現NTT)の一般加入電話の代替として設置された。地域内での全戸一斉放送や屋外放送なども同じ設備で行われる。昭和60年代以降、電気通信事業の自由化、一般加入電話・携帯電話の普及などに伴い、有線放送電話業務を行う施設数は大幅に減少。平成23年(2011)に有線放送電話法が廃止され、新規設置はできなくなった。有線電話

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうせんほうそうでんわ【有線放送電話】

有線放送のための通信設備に通話のための交換設備を併置したもので,コミュニティ情報の伝達および通話手段として農林漁業地域の特性に合った特異な効用を発揮している。日本における公衆電気通信業務は,日本電信電話公社(現日本電信電話(株)),国際電信電話株式会社が行うのが原則であるが,1957年公布の〈有線放送電話に関する法律〉によって,これ以外の者も郵政大臣の許可を受ければ有線放送電話業務を行うことができることとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

有線放送電話の関連キーワード有線通信有線電気通信法有線放送ラジオ有線有線電話有線電気通信有線ラジオ放送有線ラジオ放送法電気通信工事(建設業許可の一種)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone