有賀鉄太郎(読み)ありがてつたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有賀鉄太郎
ありがてつたろう

[生]1899.4.1. 大阪
[没]1977.5.25. 京都
プロテスタント神学者。東京府立一中を卒業 (1916) 後,同志社大学神学部に進んだ。中学時代人生問題に悩み,キリスト教入信。 1922年,卒業と同時にアメリカに留学,シカゴ大学,ユニオン神学校に学んだ。帰国後母校講師,教授となる。その間ユニオン神学校より神学博士号を授与された。教会史,教理史を専攻。第2次世界大戦後京都大学教授。主著『オリゲネス研究』 (43) ,『キリスト教思想における存在論の問題』 (69) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有賀鉄太郎 ありが-てつたろう

1899-1977 昭和時代の神学者,キリスト教史家。
明治32年4月1日生まれ。アメリカのユニオン神学校に留学後,昭和5年母校同志社大の教授となる。23年京大教授。のち神戸女学院院長。世界教会運動や日本キリスト教学会の創設につくした。昭和52年5月25日死去。78歳。大阪出身。著作に「ヘブル書」「オリゲネス研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ありがてつたろう【有賀鉄太郎】

1899‐1977(明治32‐昭和52)
キリスト教思想史家。大阪に生まれ,同志社大学,ニューヨーク・ユニオン神学校などに学ぶ。1926‐48年同志社大学神学部で教え,48‐62年京都大学教授。主著《オリゲネス研究》(1943),《キリスト教思想における存在論の問題》(1969)。キリスト教思想における存在論(オントロギア)をヘブライ思想にさかのぼって論じ,ヘブライ語のハーヤー(存在と生成を含む動詞)にもとづき〈ハヤトロギア〉と規定した。【木田 献一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android