コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望遠レンズ(読み)ぼうえんれんず

百科事典マイペディアの解説

望遠レンズ【ぼうえんレンズ】

50°ほどの画角をもつ標準レンズより焦点距離の長い(長焦点)レンズ。一般に焦点距離が鏡胴より短くなるように設計されている。遠方被写体を近寄せて写すことができるが奥行がつまって写る。レフレックスレンズ光路の中間に反射鏡を2枚使用したもので長さが焦点距離の約半分。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

望遠レンズ

 広義には 標準レンズ より焦点距離の長いレンズのこと。さらに細かく、中望遠・望遠・超望遠に分類できるが、この分類で言うと望遠レンズは35mmカメラでの135mm~300mmあたりのレンズに相当する。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうえんレンズ【望遠レンズ】

遠方の物を拡大して撮影するためのレンズ。焦点距離が比較的長い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

望遠レンズ
ぼうえんレンズ
telephoto lens

標準レンズの画角(40°~60°)より狭い画角(30°以下)を有するレンズ。たとえば 35ミリ判用では,焦点距離 80~300mm程度のレンズをさす。ときには 135~300mm程度のレンズのことをさし,80~135mm程度を中望遠レンズと呼んで区別することもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

望遠レンズの関連情報