コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝日平吾 あさひ へいご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝日平吾 あさひ-へいご

1890-1921 大正時代の国家主義者。
明治23年7月生まれ。大正5年中国東北部にわたり,各地を放浪。8年帰国して平民青年党を組織し,労働ホテル,神州義団などの設立を計画するが挫折。斬奸状(ざんかんじょう)と遺書「死ノ叫声」を用意して,大正10年9月28日安田善次郎大磯別邸刺殺,その場で自殺した。32歳。佐賀県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝日平吾
あさひへいご
(1890―1921)

右翼浪人。テロリスト。佐賀県生まれ。1916年(大正5)第二次満蒙(まんもう)独立運動に加わるなど大陸に放浪し、おもに新聞社を転々、ごろつき右翼記者として脅迫を事とした。帰国後は国粋主義団体や労働ホテルの設立を画策。労働ホテルは都市貧窮労働者の救済を標榜(ひょうぼう)し、資金は富豪の寄付で賄うとされた。しかし計画は相手にされず、「死ノ叫声」という斬奸(ざんかん)状を用意して1921年(大正10)9月安田財閥の安田善次郎に面会、これを刺殺すると同時に自殺を遂げた。ファシズム期の財界人攻撃の先駆といってよい。[岡部牧夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の朝日平吾の言及

【安田善次郎】より

…晩年には日比谷公会堂,東京帝国大学講堂(安田講堂)の寄付や,東京市政調査会の後援など,公共的事業も行った。21年9月,大磯の別荘において暴漢朝日平吾に刺殺された。【浅井 良夫】。…

※「朝日平吾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朝日平吾の関連キーワード安田 善次郎(1代目)安田善次郎(初代)国家主義者大正時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android