コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮半島エネルギー開発機構 ちょうせんはんとうエネルギーかいはつきこう Korean Peninsula Energy Development Organization; KEDO

4件 の用語解説(朝鮮半島エネルギー開発機構の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮半島エネルギー開発機構
ちょうせんはんとうエネルギーかいはつきこう
Korean Peninsula Energy Development Organization; KEDO

朝鮮民主主義人民共和国 (北朝鮮) への軽水炉供与と代替燃料供給事業を担当する国際的な共同事業体。北朝鮮核開発疑惑から発生した問題を全面的に解決するため 93年から始まった米朝会談は,94年 10月「米朝枠組み合意」に調印し解決への道が開かれた

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

朝鮮半島エネルギー開発機構

北朝鮮にプルトニウム型の核兵器を開発させないために、米国主導で作られた国際事業体。1994年10月の米朝枠組み合意に基づいて設置された。長崎型原爆のプルトニウムの製造につながる北朝鮮・寧辺(ニョンビョン)地区の核関連施設の稼働を止めて、見返りに米国が年間50万tの重油を供与し、最終的には施設解体に伴って、1基100万kWの軽水炉を2基建設する計画だった。日米韓と欧州連合(EU)などで理事国を構成した。しかし2002年10月に浮上した北朝鮮のウラン濃縮疑惑を受けて米朝枠組み合意は崩壊し、理事会は05年11月に事業中止で基本合意し、06年5月31日に廃止を正式に決めた。KEDOの軽水炉建設事業には、韓国の輸出入銀行が約11億4300万ドル、日本の国際協力銀行(JBIC)が約4億ドルをKEDOに貸し付け、建設を請け負った韓国電力も数億ドルを投入した。KEDOは北朝鮮に返済を要求しているが、北朝鮮は事業中止の原因は米国にあるとして、逆に米国に補償を求めている。

(2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

朝鮮半島エネルギー開発機構【ちょうせんはんとうエネルギーかいはつきこう】

Korean Peninsula Energy Development Organization,略称KEDO(ケドー)。1995年3月,朝鮮民主主義人民共和国による核兵器開発疑惑が高まるなか,日本・韓国・アメリカなどの出資によって設立された国際共同事業体。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝鮮半島エネルギー開発機構
ちょうせんはんとうえねるぎーかいはつきこう
Korean Peninsula Energy Development Organization

アメリカと北朝鮮との合意に基づき、1995年3月核兵器問題解決のため設立された国際共同事業体(コンソーシアム)。略称KEDO(ケドー)
 1990年代の初めごろから、北朝鮮が秘密裏に核兵器を開発しているのではないのかとの疑いが強まり、世界的な核拡散防止および北東アジアの平和と安定の観点から深刻な懸念が生じた。この問題解決のため、国際原子力機関(IAEA)や国連安全保障理事会が乗り出したが、はかばかしい結果が得られず、その後アメリカと北朝鮮との二国間交渉にゆだねられた。この米朝交渉も難航したが、結局元アメリカ大統領のカーターと北朝鮮の金日成(きんにっせい/キムイルソン)主席(当時)の会談で解決の大筋が合意され、1994年10月両国の間で「枠組み合意」が成立した。
 この「枠組み合意」によると、北朝鮮側は核兵器の素材であるプルトニウム製造に容易な黒鉛減速炉と、プルトニウムを取り出す再処理施設の運転および建設を中止・凍結し、将来的には解体する。そのかわりにアメリカ側は国際コンソーシアムを組織して100万キロワットの軽水炉2基を北朝鮮側に有利な条件で建設し、それが完成するまでの間、年間50万トンの重油を無償で提供することになった。この国際コンソーシアムとして正式に発足したのが、KEDOである。
 軽水炉建設作業は、1997年8月北朝鮮の首都平壌(へいじょう/ピョンヤン)の北東約270キロメートルの日本海岸咸鏡南道(かんきょうなんどう/ハムギョンナムド)の琴湖(クムホ)地区の敷地で起工式が行われた。必要資金はおおよそ46億米ドルと見積もられ、そのうち韓国が中心的役割を果たし、日本も10億米ドルを負担することになった。重油提供のほうは主としてアメリカが負担することになった。
 「枠組み合意」が成立した後も北朝鮮の核開発疑惑は完全に払拭(ふっしょく)されず、KEDOは、北朝鮮の核問題解決の現実的な施策を実務的に進める機構として順調な運用が期待された。2002年9月の時点で、日本、アメリカ、韓国(大韓民国)3か国と、後から加わったヨーロッパ連合(EU)を中核とし、アルゼンチン、オーストラリア、カナダ、チリ、ウズベキスタン、インドネシア、ニュージーランド、ポーランド、チェコの12か国1機関より構成され、本部はニューヨークに置かれていた。
 しかし、2002年10月北朝鮮はアメリカに対し、高濃縮ウラン製造施設の建設を含む核兵器開発計画があることを認め(その後一転して否定)、アメリカは「枠組み合意」が無効になったとの認識を明らかにした。これを契機として核兵器開発疑惑が再び深刻化したため、KEDOは2002年12月に重油供給を停止、さらに2003年12月より軽水炉プロジェクトを停止し、北朝鮮の対応改善を待った。しかし、その後、2005年2月には北朝鮮が核兵器保有宣言を行うなど、軽水炉プロジェクトを推進する基礎が完全に失われたと判断するに至ったため、2006年5月、KEDOは軽水炉プロジェクトの終了を正式に決定した。[遠藤哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝鮮半島エネルギー開発機構の関連キーワード兵器級プルトニウムKEDOプルトニウム爆弾核開発核爆弾プルトニウム239富化度プルトニウム生産炉国際原子力パートナーシップ(GNEP)北朝鮮の高濃縮ウラン(HEU)計画

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝鮮半島エネルギー開発機構の関連情報