コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木更津甚句 キサラヅジンク

デジタル大辞泉の解説

きさらづ‐じんく【木更津甚句】

民謡の一つで、安政(1854~1860)ごろ、木更津出身の落語家木更津亭柳勢が寄席で歌い広めたもの。船頭たちの船唄(ふなうた)がもとといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きさらづじんく【木更津甚句】

東京湾に面した港町千葉県木更津の三味線歌。江戸往還にうたった船歌をもとに,幕末ごろ木更津出身の噺家柳勢が江戸の高座でうたい出したのが前身という。一時廃絶しそうであったが,大正年間東京新橋の花柳界でうたわれて再び流行し,全国的に知られるようになった。元唄的な〈木更津照るとも東京は曇れ(お江戸は曇る)〉の歌詞に,天候を気にした海や船を職場とする人たちの生活のなごりが考えられる。【仲井 幸二郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きさらづじんく【木更津甚句】

千葉県木更津市の民謡で、花柳界のお座敷唄。江戸から伝わった「二上がり甚句」を源流とし、囃子詞は漁師の網曳きの掛け声という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木更津甚句
きさらづじんく

千葉県木更津地方で歌われてきた民謡。もともとは江戸時代末期、江戸の花柳界ではやっていた「二上り甚句」で、それが港町の木更津の漁師たちに、地引網漁の掛け声も入れて歌われるようになった。さらに木更津生まれの噺(はなし)家、木更津亭柳勢が現在のような形にまとめあげ、これを安政(あんせい)年間(1854~60)江戸の寄席(よせ)で繰り返し歌ってはやらせた。柳勢が没して一時は廃れたが、木更津の料亭松川楼の女将露崎せきが覚えていた『木更津甚句』を芸者の若福に教え、その若福が東京・新橋烏森(からすもり)の花柳界に出て、またはやらせた。江戸の粋(いき)なところと港町木更津の気っぷのよさとが溶け合っている唄である。[斎藤 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

木更津甚句の関連キーワード千葉県木更津市甚句(甚九)黒田 幸子お座敷唄囃子詞斎藤俗曲

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木更津甚句の関連情報