木端・木羽・小羽(読み)こば

精選版 日本国語大辞典「木端・木羽・小羽」の解説

こ‐ば【木端・木羽・小羽】

〘名〙
材木の切りはし。こっぱ。
※桜守(1969)〈水上勉〉「桜の下へ祖父は木端(コバ)の大きなのをあつめて、地べたに敷いて弁当をひろげた」
② 板など、長手方向の両側の端面。
星座(1922)〈有島武郎〉「人さし指を立てて机の小端(コバ)を軽く押へるやうに続けさまにたたきながら」
マキヒノキなどの材木を薄く削りはいだ板。主に屋根を葺(ふ)くのに用いる。木羽板。(こけらいた)
※談義本・無而七癖(1754)三「仮小屋のこばに持込月の影 まづ親分と新蕎麦の時宜

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android