コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(読み)サイ

デジタル大辞泉の解説

さい【砦】[漢字項目]

人名用漢字] [音]サイ(漢) [訓]とりで
とりで。「砦柵(さいさく)山砦城砦鹿砦(ろくさい)

とり‐で【×砦/塁/×寨】

《取り出して築く城の意》
本城の外の要所に築く小規模な城。出城。柵塁(さくるい)。
外敵攻撃を防ぐための建造物要塞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【城】より

…以上の諸要素を組み合わせてできる平面プランが城の縄張である。 城の種類は,立地によって平城,平山城,山城,丘城,台地城など,機能や規模によって本城,支城(出城),あるいは居城,砦(とりで)の区別があり,支城や出城の中には付城(つけじろ)(向城),陣城,繫ぎ城,番城,狼煙台(のろしだい)などがあるが,見方によって区別は一様でない。これらの区別が可能なのは中世城郭で,近世城郭は大名の居城だけとなった。…

【要害】より

…防御・戦闘性に富んでいること,またはそうした場所を表す語で,〈要害の地〉〈要害堅固〉などと用いるが,中世の城郭用語としては,ある種の城を指す場合と,城内の特定部分を指す場合とがある。前者は砦(取出),堡などと同じく,居城や根小屋に対置して,臨時に詰める戦闘本位の城郭を呼ぶ場合に用いる。後者は〈城中ノ要害〉(《難波戦記》),〈取出の要害〉(《家忠日記》)のように,城の内部でとくに戦闘機能の高い区画を指した。…

※「砦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

砦の関連情報