コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李勣 りせきLi Ji; Li Chi

3件 の用語解説(李勣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李勣
りせき
Li Ji; Li Chi

[生]開皇14(594)
[没]総章2(669).12.3.
中国,唐初の名将。曹州離狐 (山東省単県付近) の人。本名は徐世勣。字は懋 (ぼう) 功。諡は貞武。もと隋末の群雄李密の部下。唐に下り李姓を賜わり,太宗の諱 (いみな) を避け李勣と称した。群雄竇建徳 (とうけんとく) ,王世充らの平定に功があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りせき【李勣 Lǐ Jī】

?‐669
中国,唐初の武将。字は懋功(ぼうこう)。曹州離狐(山東省単県)の人。もとの姓名は徐世勣。隋末の群雄李密の部下で,唐に帰順して李姓を賜り,太宗李世民の諱(いみな)を避けて李勣と称した。太宗の下で国内の武力統一に活躍した後,先輩の武将李靖と共に東突厥(とつくつ)を,ついで薛延陀(せつえんだ)を破った。太宗の高句麗親征に従事し,次の高宗朝の668年(総章1)に滅亡させた。李靖ともども〈凌煙閣二十四功臣〉の名将として描かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李勣
りせき
(?―669)

中国、唐代の武将。曹州離狐(そうしゅうりこ)(山東省)の人。本姓は徐氏。高祖李淵(りえん)に李姓を賜った。本名も世勣であるが、太宗の名、世民を避けて世字をとった。豪族の家に生まれ、隋(ずい)末群盗に身を投じたが、のち唐に降(くだ)り、太宗に登用され、河北、河南の統一に功があった。李靖(りせい)とともに突厥(とっけつ)を破った。また、ゴビ砂漠を越えて薛延陀(せつえんだ)を平定したので、唐は空前の大帝国となった。太宗の次の高宗朝では宰相となり、高句麗(こうくり)遠征には首都平壌を陥れた。[谷川道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

李勣の関連キーワード十島村ALT(外国語指導助手)福井空襲双葉町の避難状況A判摩訶止観三階教重要文化財ソロン摩訶止観

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone