コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村松亀一郎 むらまつ かめいちろう

2件 の用語解説(村松亀一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村松亀一郎 むらまつ-かめいちろう

1853-1928 明治-昭和時代前期の政治家。
嘉永(かえい)6年1月生まれ。東京の法律学舎でまなび,弁護士となる。自由民権をとなえ,若生精一郎らと仙台に本立社を設立。明治13年その総代として愛国社大会に出席,国会開設運動を推進した。25年衆議院議員(当選9回,民政党)。昭和3年9月22日死去。76歳。陸奥(むつ)登米郡(宮城県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

村松亀一郎

没年:昭和3.9.22(1928)
生年:嘉永6.1(1853)
明治大正期の政党政治家,民権家。陸奥国登米郡西郡村(宮城県登米郡東和町錦織)に出生。法律学舎に学び代言人となる。愛国社の国会願望書起草委員となり,福島事件(1882)にも連座。宮城県会議員,同議長などを務め,第2回総選挙で,衆院議員に当選,以後9期を務める。一貫して反立憲政友系だった。

(村瀬信一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村松亀一郎の関連キーワード二条基弘小川光義来栖七郎島津忠備谷洗馬土屋岩保西村隆次野元驍福垣真応弓場貫一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone