東京経済雑誌(読み)とうきょうけいざいざっし

大辞林 第三版の解説

とうきょうけいざいざっし【東京経済雑誌】

田口卯吉うきちがイギリスの「エコノミスト」にならって創刊した経済専門雑誌。1879年(明治12)から1923年(大正12)まで発行。経済学の普及に貢献。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうきょうけいざいざっし【東京経済雑誌】

明治・大正期の経済雑誌。1879年に自由主義経済学を信奉する田口卯吉が創刊,死去するまで主宰した。内外の経済情報や経済問題の論説を掲載したほか,政治・社会問題にも鋭い分析を行った。とくに明治10年代前半の犬養毅の《東海経済新報》(1880創刊)の保護貿易主義への批判は有名である。日本の資本主義の形成とともに着実な成長を示したが,95年に創刊された《東洋経済新報》などに圧迫され,1923年廃刊した。【山本 武利】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京経済雑誌
とうきょうけいざいざっし

田口卯吉(うきち)の主宰した経済専門雑誌。イギリスの『エコノミスト』The Economistに倣って1879年(明治12)1月29日に創刊され、81年7月から週刊となり、関東大震災にあって1923年(大正12)9月第2138号をもって廃刊。自由主義経済学の立場から経済問題や政治問題を論評し、また経済学の意義や研究方法の論稿をも掲載して経済学の普及や発展に貢献した。とくに、明治10年代の『東海経済新報』の保護貿易主義との論争はきわめて重要なものであった。[後藤 靖]
『住谷悦治著『日本経済学史』(1958・日本評論社/復刻版・1983~85・日本経済評論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東京経済雑誌の言及

【田口卯吉】より

…最初医学を志したが,大蔵省翻訳局上等生徒となり,英語,経済学を修め,《日本開化小史》(1877‐82)や《自由貿易日本経済論》(1878)を著す。1879年,《東京経済雑誌》を創刊して終生主筆を務め,自由主義経済学の紹介と指導にあたり,政府の経済政策を批判した。同時に,実業界,政界においても,83年に東京株式取引所肝煎,86年の両毛鉄道株式会社設立,80年以降の東京府会ならびに市会議員,さらに94年からの衆議院議員など幅広く活躍した。…

※「東京経済雑誌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android