コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東北平原 とうほくへいげんDōng běi píng yuán

世界大百科事典 第2版の解説

とうほくへいげん【東北平原 Dōng běi píng yuán】

中国,東北部の平野。黒竜江の大支流である松花江水系の流域と遼河水系の流域とからなるので,松遼平原ということもある。東北平原はさらに松花江・嫩江(のんこう)平原,遼河平原,三江平原(黒竜江,松花江,ウスリー川合流地域)に分けられる。標高200m以下の低平な平原の面積は約35万km2,中央部は肥沃な黒土からなり,中国の大切な穀倉をなすが,北部,とくに三江平原には未開発の湿地が多く,これを北大荒と呼ぶ。【河野 通博】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東北平原
とうほくへいげん

トンペイ(東北)平原」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東北平原
とうほくへいげん / トンペイピンユワン

中国東北地区中央部に横たわる大平野。関東平原、松遼(しょうりょう)平原などともいう。北は小興安嶺(しょうこうあんれい/シャオシンアンリン)、西は大興安嶺(だいこうあんれい/ターシンアンリン)、東は長白(ちょうはく)山地によって限られ、南は渤海(ぼっかい)の遼東(りょうとう/リヤオトン)湾に至る。南北約1000キロメートル、東西はもっとも広い所で約400キロメートル、面積約35万平方キロメートルで、中国最大の平野である。主として遼河(りょうが)、松花江(しょうかこう)、嫩江(どんこう)の沖積作用によって形成されたもので、大部分は標高200メートル以下である。長春(ちょうしゅん/チャンチュン)付近の松花江と遼河の分水嶺(ぶんすいれい)(松遼分水嶺)も250メートルに達しない。この分水嶺以南を遼河平原、以北を松嫩(しょうどん)平原とよぶ。なお東北平原にはこの両平原のほか三江平原も含める場合がある。三江平原は黒竜江、ウスリー川、松花江の3河川の合流点にあたる、東北地区の北東隅にある平野で、標高50メートル以下の低地からなり、大部分は沼沢、湿地であるが、1955年以後国営農場によって開発され、今は農地化しているところが多い。東北平原の地下には豊富な石油、天然ガス、石炭資源が埋蔵されている。[河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東北平原の関連キーワードターシンアンリン(大興安嶺)山脈ウランホト(烏蘭浩特)特別市コンチューリン(公主嶺)市ヘイロンチヤン(黒竜江)省チーリン(吉林)特別市リヤオシー(遼西)回廊リヤオニン(遼寧)省ソンネン(松嫩)平原チーリン(吉林)省チョン(天)池東北(中国)ポー(渤)海トンペイ平原遼寧(省)興安嶺農安

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android