コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東南アジアの工芸 とうなんアジアのこうげい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東南アジアの工芸
とうなんアジアのこうげい

中国やインドの古代文明の影響を受けて,東南アジアでは早くから青銅器や染織,陶芸,木竹工芸が発達していたが,その詳細はまだあまり明らかにされていない。ベトナムの木竹工芸,漆工芸,陶芸,インドネシアの金工染織,タイの漆工芸,陶芸が一般によく知られている。日本で安南焼と呼ばれているものは,安南 (ベトナム) で 14~17世紀に作られた染付,鉄絵,赤絵陶器などで,あらいタッチの絵付けに特色がある。多くはインドネシア地方に輸出された。また,日本で宋胡録 (すんころく) と呼ばれている陶器も変化に富んだものである。染織品では,インドネシアのイカット織 (一種のかすり織) とバティック (臈纈染) が有名。イカット織は緯糸,あるいは経糸で文様を織り出すものの2種があり,ジャワ,スマトラ,ボルネオ,セレベス,バリの各島が中心地で,15世紀頃から盛んになり,現在も続いているところがある。バティックには,ろうを使って防染するものと,米糊を使って防染し植物染料で染めるものとがある。いわゆる更紗 (さらさ) で,ジャワ,セレベスなどを中心に,十五,六世紀頃より始った。ほかに,金箔や金粉を絹布などに接着した印金,布を絞って防染する絞り染なども,スマトラやジャワで行われている。漆工芸ではタイのキンマが有名。ほかに木竹工芸,牙角工芸,貴石工芸などにもすぐれたものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android