コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印金 いんきん

6件 の用語解説(印金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印金
いんきん

染織品の装飾技法の一つ。薄手の絹地の上に文様を彫った型紙を当て,漆や膠 (にかわ) の接着剤を薄くひき,その上に金箔を張りつけて,牡丹唐草や菊牡丹などの文様を表わす。中国で銷金 (しょうきん) と称した技法で,古くからあったが,特に宋代に盛んに行われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いん‐きん【印金】

紗(しゃ)・綾・羅などの織物に、模様を彫った型紙を当て、漆や糊(のり)を薄く引き、その上に金箔・金粉を置いて模様を表したもの。中国元・明代に流行し、室町時代、日本に入って珍重された。表装地に用いられることが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

印金【いんきん】

紗(しゃ),綾(あや),緞子(どんす),繻子(しゅす)などの生地の上に金箔(きんぱく)を施し,あるいは膠などを混ぜた金泥を型で押して牡丹(ぼたん),唐草(からくさ)などの文様を表したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いんきん【印金】

布帛に型を用いてにかわ,漆,のりなどの接着剤を置き,その上に金箔を施すか,もしくはにかわなどを混ぜた金泥を直接型で押すかして文様を表したものをいう。中国では銷金(しようきん)といい,長沙の馬王堆1号漢墓から〈金銀印花紗〉などの作例が出土しており,漢代からの加飾技術の一つであったことが知られている。日本には中世末から近世にかけて輸入された中国元・明代のものが多少残っており,今日名物裂(めいぶつぎれ)として珍重されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いんきん【印金】

しや・絽などの生地に糊のりまたは漆などで模様を置き、その上から金・銀・雲母などの箔を蒔いたもの。木彫や絵画にもこの手法を用いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

印金
いんきん

布帛(ふはく)に型を用いて漆、糊(のり)などの接着剤を置き、その上に金箔(きんぱく)あるいは金粉を施して文様を表したものをいう。中国では銷金(しょうきん)とよび、これがもっとも発達したのは宋(そう)時代のころからであるが、技術そのものはもっと古く、近年(1972)長沙(ちょうさ/チャンシャー)馬王堆(まおうたい)1号前漢墓から出土した「金銀印花紗(いんかしゃ)」の作例によっても明らかなように、染織の加飾技術の一つとして紀元前から存在していたものである。日本には中世末から近世にかけて輸入された、中国元(げん)・明(みん)代の作例が多数残っており、そのうちのあるものは今日「名物裂(ぎれ)」として親しまれている。こうした外来の印金に触発され、これを模して日本で製作されたものに奈良印金、京印金とよばれるものがあるが、これらは金箔の質が劣り、中国の印金ほど上質のものではない。また同種の技術は南方のジャワ島やバリ島、あるいはインドの染織品のなかにもあり、模様染めや絣(かすり)と併用されて華やかな美しさを添えている。たとえば印金更紗(さらさ)、金更紗とよばれるものがそれで、とくに前者は金箔あるいは金泥で独立した模様を構成しているもの、後者は更紗模様の一部に補助的に金箔、金泥の加えられたものをさしている。
 一方、日本で室町・桃山時代のころから小袖(こそで)の加飾技法として発達した「摺箔(すりはく)」も技法的には印金と同種のものであるが、これは刺しゅうや絞りと併用したり、単独に用いたりして、みごとな小袖文様を形成してきた。[小笠原小枝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の印金の言及

【摺箔】より

…江戸時代初期には小紋風の詰文様がしばしば見られ,この技術の展開がわかる。近世における摺箔は中国明代の印金(いんきん)の影響によるといわれるが,印金は接着剤も箔もかなり厚く金属的であるのに対し,近世初期の摺箔は接着剤も箔も薄く,生地に溶け込むように柔らかくかなり異なった風合いを示す。1683年(天和3)の禁令で衣料に金銀の使用が禁ぜられて後は,普通の衣服にはあまり用いられなくなった。…

※「印金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

印金の関連キーワード型染軟式テニス海苔魚膠革砥竹帛に垂る布帛写し染摺り模様変わり揚げ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

印金の関連情報