コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東成 ヒガシナリ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東成
ひがしなり

大阪市中東部の地。上町(うえまち)台地の東に生まれた土地で、東生とも書いた。古くは難波(なにわ)の入り江にあたる低湿地で、河川による土砂の流入や開拓で陸化した。江戸時代には大坂三郷(さんごう)に供給される野菜の産地であったが、大阪市の発展に伴って住宅や工場が進出した。明治から大正にかけて東成郡は二度にわたって大阪市域に編入。現在の天王寺(てんのうじ)、生野(いくの)、東成、城東、鶴見(つるみ)、都島(みやこじま)、旭(あさひ)の各区がほぼこれにあたり、城東工業地域として発展している。[安井 司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東成の関連キーワード大阪府大阪市東成区大今里南大阪府大阪市東成区大今里西大阪府大阪市東成区東中本大阪府大阪市東成区深江北大阪府大阪市東成区大今里大阪府大阪市東成区東小橋大阪府大阪市東成区深江南大阪府大阪市東成区東今里はりきゅうミュージアム大阪府大阪市東成区中道大阪府大阪市東成区玉津大阪府大阪市東成区神路大阪府大阪市東成区中本大阪府大阪市生野区鶴橋大阪府大阪市生野区三栄水栓製作所東洋ビューティ下八川 圭祐田辺だいこんキモトサイン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東成の関連情報