コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東粟倉 ひがしあわくら

2件 の用語解説(東粟倉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東粟倉
ひがしあわくら

岡山県北東部,美作市北東部の旧村域。中国山地にある。 2005年勝田町,大原町,美作町,作東町,英田町と合体して美作市となった。農林業が主産業で,米,アワ (粟) ,美濃早生大根,木材などを産し,養蚕,ジャージー種乳牛の飼育も行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東粟倉
ひがしあわくら

岡山県北東端、英田(あいだ)郡にあった旧村名(東粟倉村(そん))。現在は美作(みまさか)市の北東部を占める地域。旧東粟倉村は、2005年(平成17)勝田(かつた)、大原、美作、作東(さくとう)、英田の5町と合併して市制施行、美作市となった。兵庫県に接する中国山地上にあり、兵庫県境には岡山県最高峰の後山(うしろやま)(1344メートル)をはじめ日名倉山(1047メートル)などがそびえる。吉井川水系の後山川沿いに谷底平野が開ける。後山は氷ノ山(ひょうのせん)後山那岐山(なぎさん)国定公園に属し、いまも女人禁制を守る修験道(しゅげんどう)の霊山。後山から駒(こま)の尾山の山麓(さんろく)にかけては、1938年(昭和13)から開拓された野開墾と称する畑地があり、美濃早生(みのわせ)ダイコンを特産する。[由比浜省吾]
『『東粟倉村誌』(1981・東粟倉村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東粟倉の関連情報