コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東粟倉 ひがしあわくら

2件 の用語解説(東粟倉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東粟倉
ひがしあわくら

岡山県北東部,美作市北東部の旧村域。中国山地にある。 2005年勝田町,大原町,美作町,作東町,英田町と合体して美作市となった。農林業が主産業で,米,アワ (粟) ,美濃早生大根,木材などを産し,養蚕,ジャージー種乳牛の飼育も行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東粟倉
ひがしあわくら

岡山県北東端、英田(あいだ)郡にあった旧村名(東粟倉村(そん))。現在は美作(みまさか)市の北東部を占める地域。旧東粟倉村は、2005年(平成17)勝田(かつた)、大原、美作、作東(さくとう)、英田の5町と合併して市制施行、美作市となった。兵庫県に接する中国山地上にあり、兵庫県境には岡山県最高峰の後山(うしろやま)(1344メートル)をはじめ日名倉山(1047メートル)などがそびえる。吉井川水系の後山川沿いに谷底平野が開ける。後山は氷ノ山(ひょうのせん)後山那岐山(なぎさん)国定公園に属し、いまも女人禁制を守る修験道(しゅげんどう)の霊山。後山から駒(こま)の尾山の山麓(さんろく)にかけては、1938年(昭和13)から開拓された野開墾と称する畑地があり、美濃早生(みのわせ)ダイコンを特産する。[由比浜省吾]
『『東粟倉村誌』(1981・東粟倉村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東粟倉の関連キーワード岡山県美作市右手岡山県美作市江見岡山県美作市奥岡山県美作市北岡山県美作市北坂岡山県美作市北原岡山県美作市北山岡山県美作市楮岡山県美作市鯰美作〈町〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東粟倉の関連情報