作東(読み)さくとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作東
さくとう

岡山県北東部,美作市東部の旧町域。吉備高原東部に位置し,吉井川支流の吉野川,山家川流域に広がる。 1953年江見町,土居町の2町と福山村,粟井村,吉野村の3村が合体して作東町が成立。 2005年勝田町,大原町,東粟倉村,美作町,英田町と合体して美作市となった。吉野川の谷底平野にあり,東部の土居は近世出雲街道の宿場町。江見は吉野川流域の物資集散地として発達。周辺では米,野菜,タバコなどを産し,酪農,養豚,林業も行なわれる。あじさい寺として知られる古刹大聖寺がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

作東
さくとう

岡山県東部、英田郡(あいだぐん)にあった旧町名(作東町(ちょう))。現在は美作市(みまさかし)の東部を占める地域。兵庫県に接する。旧作東町は、1953年(昭和28)江見町(1934年町制)と土居(どい)町(1949年町制)、および粟井(あわい)、吉野、福山の3村が合併して成立。美作国の東の意で町名を作東町とした。2005年(平成17)勝田(かつた)郡の勝田町、英田郡の大原、美作、英田の3町および東粟倉(ひがしあわくら)村と合併して市制施行、美作市となった。吉井川支流の吉野川上流にある。中心集落の江見は旧出雲(いずも)往来(国道179号)の宿場町。地域の中央部を国道179号、JR姫新(きしん)線、中国自動車道が東西に走り、北部を国道429号が通る。谷底では水田耕作、高原上は畑作、果樹作、酪農、林業が行われる。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作東の関連情報