後山(読み)うしろやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後山
うしろやま

岡山県美作市と兵庫県宍粟市の境,中国山地の東部にある山。標高 1344m。岡山県の最高峰。ここには役小角 (えんのおづぬ) が開いたという霊場がある。毎年9月7日には柴灯 (さいとう) 護摩の大法要が営まれ,多くの信者が山伏に先導されて谷川で水ごりをとり 49ヵ所の行場で行をする。江戸時代中期まで入山者は修験者にかぎられていたが,しだいに大衆信仰の場となった。しかし,現在も女人禁制で,女性は中腹の女人堂までの登山が許されている。付近はスギ,カエデ,ブナなどの天然林があり,氷ノ山後山那岐山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うしろやま【後山】

岡山県の北東隅,兵庫県境にある山。岡山県下の最高峰(1345m)であり,修験道の道場として知られている。ここの修験場は役小角(えんのおづぬ)が開いたとされ,大和の大峰山とともに女人禁制が厳守され,中腹の女人堂までしか登れない。江戸中期まで入山者は修験者に限られていたが,しだいに大衆信仰の場となってきた。毎年9月7日に行う柴灯護摩(さいとうごま)の大法要は山腹八合目にある行者本堂で営まれ,山腹一帯に護摩堂,道仙寺など多くの行場を配する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県(岡山県)〕後山(うしろやま)


兵庫・岡山県境に位置し、中国山地東部にある山。標高1345m。氷ノ山後山那岐山(ひょうのせんうしろやまなぎさん)国定公園に属し、岡山県では最高峰。修験(しゅげん)道の霊場があり、現在も女人禁制とされる。地元では行者山(ぎょうじゃせん)ともよぶ。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の後山の言及

【先山】より

…炭鉱の採炭作業場において,昔は2人1組となって1人はつるはしで石炭を掘り他の1人はその石炭の積込運搬をした。この掘る人を先山といい,積込運搬をする人を後山(あとやま)といった。しかし今日では,先山といえば技術の優秀な熟練鉱員のことをいい,先山は作業班の指導者として後山を指導しながら安全に注意して仕事をする。…

※「後山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後山の関連情報