コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田道之 まつだ みちゆき

4件 の用語解説(松田道之の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田道之 まつだ-みちゆき

1839-1882 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)10年5月12日生まれ。因幡(いなば)鳥取藩家老鵜殿(うどの)家の臣。広瀬淡窓にまなび,養父松田市太夫と尊攘(そんじょう)のために奔走。維新後,京都府大参事,内務大丞(だいじょう)などを歴任。沖縄県を設置(琉球処分)し,また地方自治制を推進。明治12年東京府知事となり,市区改正や道路拡張などをすすめた。在職中の明治15年7月6日病死。44歳。本姓は久保。字(あざな)は世忠。通称は正人。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松田道之

没年:明治15.7.6(1882)
生年:天保10.5.12(1839.6.22)
明治前期の官僚。鳥取藩士久保市郎左衛門の子,幼名伊三郎。のちに同藩士松田市太夫の養子となる。文久2(1862)年養父と共に上洛し,藩主池田慶徳に従って国事周旋に当たった。明治1(1868)年徴士,内国事務局権判事として新政府に出仕した。これ以後京都府大参事,大津県令,内務大丞,内務大書記官太政官大書記官,東京府知事などを歴任した。この間大久保利通,伊藤博文らの知遇を得て,11年地方制度確立のための3新法の立案に当たったほか,8年から12年の間3度琉球に出張し,いわゆる琉球処分を断行,さらに東京の防火対策,水道,ガス灯,品川築港等市区改正事業を推進した。<参考文献>木山竹治『松田道之

(長井純市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まつだみちゆき【松田道之】

1839‐82(天保10‐明治15)
明治前期の官僚。鳥取藩士の家に生まれる。1871年(明治4)京都府大参事から大津県令に累進,75年3月内務卿大久保利通により内務大丞に抜擢され琉球処分を担当,来琉すること3回。第1回は同年7月10日から9月10日までの2ヵ月間で,琉球藩首脳に清国への進貢停止等の令達を伝え,令達の受諾をめぐって談判を繰り返したが,琉球藩首脳は執拗に抵抗,松田の説得は失敗に終わる。第2回は79年1月25日から2月4日までの10日間で,松田は再び命令の遵奉を要求し,遵奉しない場合は〈相当ノ処分〉を行うと威嚇したが奏功しなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松田道之
まつだみちゆき
(1839―1882)

琉球(りゅうきゅう)処分官として沖縄の廃藩置県を断行した人物。天保(てんぽう)10年5月12日因幡(いなば)国(鳥取県)に生まれる。明治新政府のもとで京都府大参事、大津県令の要職を歴任したのち、1875年(明治8)3月内務大丞(だいじょう)に抜擢(ばってき)され琉球問題の処理を任された。同年7月琉球に初めて出張した彼は琉球側の説得工作を行ったものの失敗、79年1月にふたたび出張して同様の折衝を重ねたが不成功に終わった。同年3月、三度琉球に出張したが、このときは軍隊・警官を率いて武力的威嚇のもとで談判し、執拗(しつよう)に反対する琉球側を抑えて、1872年に設置された琉球藩の廃止と沖縄県の設置を強行した(琉球処分)。これにより琉球の王国体制は崩壊し、近代日本の一員としての沖縄県が誕生することになったが、明治政府と清(しん)国との間のいわゆる琉球帰属などの問題はその後もくすぶり続けた。琉球処分の功により勲三等に叙せられ旭日中綬(きょくじつちゅうじゅ)章を授与された。79年12月、東京府知事となり近代都市建設に情熱を傾けたが、明治15年7月6日、仕事盛りの44歳で死去。[高良倉吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松田道之の言及

【琉球処分】より

…74年,明治政府は先に台湾に漂着して殺害された琉球人に対する報復措置を名目に台湾出兵を行い,琉球が自国の版図であることを中国側に示した。翌年,政府は松田道之を〈琉球処分官〉に任じ琉球側の説得工作に乗り出したが,琉球では処分に反対する勢力が大勢を占め成功しなかった。79年3月27日,松田は300名の兵士,160名余の警官を率いて〈琉球藩〉を廃し〈沖縄県〉を設置する旨を琉球側に布告し,3月31日限りで王宮首里城の明渡しを命じた。…

※「松田道之」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松田道之の関連キーワード梅本敏鎌植松有経大野唯四郎岸上恢嶺喜多川孟敦塩沢徳次郎堀直明森岡すゑ湯川退軒竹本元儤

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松田道之の関連情報