林森(読み)リンシン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林森
りんしん / リンセン
(1868―1943)

中国国民党の元老。福建省(びんこう)県の人。字(あざな)は子超。辛亥(しんがい)革命に参加、福建省選出の参議院議員となる。袁世凱(えんせいがい)によって議会と国民党が解散させられるや日本に渡り、孫文(そんぶん)の中華革命党に加盟、アメリカに渡り、国民党アメリカ総支部副支部長として、華僑(かきょう)の間で討袁資金集めをする。1916年帰国し、広州を中心に孫文の下で活動、1924年、国民党第一次全国代表大会で中央執行委員となる。1935年、孫文の死後、戴季陶(たいきとう)らと北京(ペキン)の西山に会して「反共宣言」を発し、広東(カントン)国民政府を否定。蒋介石(しょうかいせき)の反革命後は南京(ナンキン)政府に入り、以後国民政府の要職を歴任した。1931年、広東政府と南京政府の妥協後、国家主席となり、死ぬまでその職にとどまった。[遠藤節昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

林森の関連情報