(読み)ハヤシ

  • りん
  • 姓氏
  • 林 wood(s)
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

樹木がたくさん集まって生えている所。「武蔵野の面影を残す」「雑木
同類のものが立ち並んでいる状態。「アンテナの
[音]リン(呉)(漢) [訓]はやし
学習漢字]1年
〈リン〉
樹木の集まり生えた所。はやし。「林間林業林道林野山林樹林純林植林森林疎林造林竹林梅林密林原生林
多くの人や物の集まり。「学林芸林辞林書林僧林翰林院(かんりんいん)
立ち並ぶさま。「林立
〈はやし(ばやし)〉「竹林松林
[名のり]き・きみ・しげ・しげる・とき・ふさ・もと・もり・よし
[難読]林檎(りんご)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

樹木の生い茂った所。生態学的には高木が主相となった植物群落のうち,森と比べてより小規模のもの,樹間が疎なもの,主相となる木が低いものなどを指すことが多いが,その差が厳密に定義されているようなものではない。高木を主相とした植物群落を森林と総称することの方がより一般的である。ただし,森林を表現する用語としては,植物学的にも“林”のが用いられるのがふつうで,熱帯降雨林落葉広葉樹林,常緑林のような呼び名から,雑木林,シラカバ林などの普通名詞まで,森という字を使わないで表現している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

樹木がたくさん群がって生えている所。樹木の群落。「森」にくらべて、木々の密集の度合が小さく、小規模の群落をさすことが多い。 白樺の-
物事が多く集まっている状態を林に見たてていう語。 ことばの- アンテナの- 月の舟星の-に漕ぎ隠る見ゆ/万葉集 1068
姓氏の一。林羅山に始まる江戸幕府の儒官林家が知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (「生(は)やし」の意) 樹木の群がり生えている所。
万葉(8C後)五・八二四「梅の花散らまく惜しみ我が園の竹の波也之(ハヤシ)にうぐひす鳴くも」
② (比喩的に) 物事の多く集まっているところ。
※万葉(8C後)七・一〇六八「天の海に雲の波立ち月の船星の林に漕ぎ隠る見ゆ」
※案内者(1922)〈寺田寅彦〉「独学で現代文化の蔵して居る広大な知識の林に分け入り」
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

林の関連情報